通俗科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

通俗科学(つうぞくかがく、: popular science)とは、科学知識を難解な専門用語を用いずに、平易な表現や図解で一般大衆にもわかりやすく説明したもの。ポピュラーサイエンス大衆科学ともいう。

新聞などの科学ジャーナリズムは最新の科学の発展に焦点をあわせるが、大衆科学は幅の広いテーマについて扱い、ジャーナリストだけでなく科学者自身によっても書かれる。また本だけでなく、テレビのドキュメンタリー番組雑誌や新聞の記事として、さらにかつてはラジオで、近年ではウェブサイトなどを通して伝えられる。

役割[編集]

大衆科学は専門家の科学的研究と一般大衆の話題の間に橋を架ける。そして時には社会的、政治的話題にも影響力を及ぼそうと試みられることがある。多くの科学的論争、例えば生物学的決定論知能の生物学的要素などは大衆向け科学書のような出版物で論じられた。科学論文の目的は、観察と結論を同僚の科学者に知らせ、納得させることである。大衆科学はしばしば科学の部外者や他の分野の科学者に、誇張とレトリックでデータや結論の重要性を印象づけようとする。科学論文の主張は通常、条件付きで暫定的であり、論文に含まれる観察や実験の結果はすでに確立されたと科学者によって認められている既知の知識と一貫性があるか、類似していることが強調される。対照的に、大衆科学はユニークさと(限られた状況でしか当てはまらないと述べるよりもむしろ)一般性を強調する。元の科学的な報告と、派生した科学ジャーナリズム、大衆科学の間にはいくらか、時には劇的な歪曲と単純化がある。大衆科学書はまた少しの知識しか持たない非専門家によって書かれることもあるが、一般読者にはそれを識別することは難しく、正統的な科学と疑似科学のあいだの境界は大衆科学においては曖昧になりがちである。

主な通俗科学雑誌[編集]

科学番組[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]