通仙散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

通仙散は、江戸時代外科医華岡青洲が開発した全身麻酔薬である。別称で麻沸散とも称す。

概要[編集]

弟子の本間玄調の記録によると、通仙散の配合は『曼陀羅華八分、草烏頭二分、白芷(びゃくし、“し”は草冠に止)二分、当帰二分、川芎(せんきゅう)二分』であった[1]これらを細かく砕き、煎じて滓を除いたものを煮詰め、暖かいうちに飲むと、2~4時間で効果が現れた。しかし、やや毒性は高かったらしく、扱いは難しかったという。

薬理作用として、曼荼羅華の主に葉に含まれるアトロピンアセチルコリン受容体を阻害し、トリカブトに含まれるアコニチンは、アセチルコリンを遊離する作用がある。この拮抗作用で薬効をコントロールしたものと考えられる。しかしアトロピンは致死量100ミリグラム以上、アコニチンは致死量は18ミリグラム程度の何れも強力な毒薬であり、取り扱いは非常に危険が伴う。華岡が通仙散を秘伝としたのも、その危険性を認識しての上の事だと思われる。

華岡は、通仙散の調合を行い、臨床実験によって妻の加恵が失明したにも関わらずやり遂げ、全身麻酔の実用に供した。また『続禁方録』によると、この他にも華岡は小外科用の手術に通仙散の処方を応用した「美爾煎」を開発している。 こうした華岡の実績は、1954年(昭和29年)に国際外科学会で報告された。また、人類の福祉と世界外科医学に貢献した医師を讃える国際外科学会の栄誉館(米国シカゴ)で展示されている。

別称の麻沸散[編集]

華岡は、漢方を主体とする江戸時代古方派の流れを汲み、後に西洋の蘭学(南蛮流・オランダ系の紅毛流外科)に進んだ漢蘭折衷派と称される。 古の漢方医学を尊重するとの古法派の概念に基づき、後漢末期の医師・華佗が用いたとされる麻沸散にちなんで、同じ名称の「麻沸散」と別称されていた。

華陀の配合について、実態が不明であったことから、華陀の通仙散を再配合することは不可能であった。また、主要となる曼陀羅華(チョウセンアサガオ)の薬用部位について、当時の南蛮・紅毛流と中国漢方では異なっていた[2]。華岡が配合した通仙散の現物は残されていないが、門人の中川修亭が編した『続禁方録』によれば、青洲が使用した曼陀羅華の薬用部位は、南蛮・紅毛流であったとされる[2]。また、曼陀羅華については、華岡に先んじて漢蘭折衷派の花井仙蔵、大西晴信が京都で配合していたとの説があり、後に青洲に伝わって使用したものとも考えられている。

脚注[編集]

  1. ^ 華岡門下の今村了菴が著した『医事啓源』においても、本間と同じ調合内容が示されている。
  2. ^ a b 『日本医史学雑誌』、華岡青州研究その後、P488

参考文献[編集]

  • 『毒草大百科』データーハウス発行、奥井真司)
  • 『日本医史学雑誌』(Journal of the Japanese Society for the History of Medicine. 28)、日本医史学会、1982-10