本間棗軒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本間玄調から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

本間 棗軒(ほんま そうけん、文化元年(1804年) - 明治5年2月8日1872年3月16日))は、江戸時代医師。初名は資章、後に救。は和卿、通称玄調[1]

生涯[編集]

常陸国小川村(現在の茨城県小美玉市)に生まれた。父本間玄有と祖父本間玄琢は稽医館の創始者で、養父道偉も医者であり、名医一族の中で育った。17歳のとき、原南陽に入門し、その後、杉田立卿箕作阮甫高階枳園華岡青洲シーボルトなどに師事した。江戸に帰還し開業[1]水戸藩徳川斉昭の侍医となり、天保14年(1843年)には弘道館医学館の教授となった[1]。講義・治療・著述などに活躍し、水戸藩医政の第一線を担った。多くの人命を救ったことから徳川斉昭より救という名を賜った。

華岡青洲の門下としてはもっとも優れた外科医であったとされ、医術についての著作を残しているが、それにおいて青洲から教わった秘術を無断で公開したとして、破門されている。

著作[編集]

  • 『瘍科秘録』 - 1837年

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 本間棗軒”. 日本先哲医家:日本の漢方を築いた人々. 東亜医学協会. 2010年3月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 茨城新聞社編 『茨城県大百科事典』 茨城新聞社、1981年、954頁。

関連項目[編集]