ビャクシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨロイグサ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: シシウド属
Angelica [1][2]
: ヨロイグサ
A. dahurica [3]
学名
Angelica dahurica (Hoffm.) Benth. et Hook.f. ex Franch. et Sav. (1873) [3][4]
和名
ヨロイグサ[3]・オオシシウド[3]・コエゾニュウ[3]

ビャクシ白芷)は、漢方薬として用いられるセリ科シシウド属の多年草ヨロイグサ (Angelica dahurica) の根。中国産はその変種のカラビャクシの根。

薬効成分はフロクマリン誘導体及び精油。消炎・鎮痛・排膿・肉芽形成作用がある。皮膚の痒みをとる。日本薬局方にも記載。

血管拡張と消炎の作用から、肌を潤しむくみを取るとして、古来中国の宮廷の女性達により美容用とされていた。また鎮痛、鎮静の効果のため、五積散などの漢方処方に配合される。

基原植物[編集]

基原植物はヨロイグサで、高さ1-2m。茎は太く中空で、上部で枝分かれする。葉は羽状複葉。夏、白色の小花を散形につけ、外見はシシウドに似る。分布は東シベリア、中国北東部、朝鮮半島、本州西部、九州。

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司 『高等植物分類表』 北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2
  2. ^ 大場秀章(編著) 『植物分類表』 アボック社、2010年、第2刷。ISBN 978-4-900358-61-4
  3. ^ a b c d e 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Angelica dahurica (Hoffm.) Benth. et Hook.f. ex Franch. et Sav.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月4日閲覧。
  4. ^ "'Angelica dahurica (Fisch.) Benth. & Hook. f.". Tropicos. Missouri Botanical Garden. 2012年8月4日閲覧. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]