近藤巨士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

近藤 巨士(こんどう ひろし、1930年昭和5年)4月15日 - 1952年(昭和27年)5月6日)は昭和時代学生運動家戦後学生運動における最初の犠牲者。

略歴[編集]

1930年(昭和5年)4月15日、北海道に生まれる。法政大学文学部哲学科に入学し、反戦学生同盟に入る。1950年(昭和25年)にアメリカ占領軍が進めたレッド・パージの反対闘争に参加し、また、文学部自治会副委員長となる。1952年(昭和27年)5月1日の第23回メーデーにおいて全学連のデモ隊に参加、皇居前広場で警官隊と衝突して重傷を負い、慈恵医大病院に入院する。警察の取調べを受け、その5日後の1952年(昭和27年)5月6日に死亡した。直接の死因は頭蓋骨骨折。血のメーデー事件といわれ、戦後学生運動の最初の犠牲者となった。

参考[編集]