農民の踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『農民の踊り』
オランダ語: De boerendans
英語: The Peasant Dance
Pieter Bruegel The Peasant Dance.jpg
作者 ピーテル・ブリューゲル
製作年 1568年
種類 油彩
寸法 114 cm × 164 cm (45 in × 65 in)
所蔵 美術史美術館ウィーン

農民の踊り』(のうみんのおどり、: De boerendans, : The Peasant Dance, : Der Bauerntanz)は、フランドルの画家ピーテル・ブリューゲル1568年頃に描いた絵画である[1][2][3][4]

概要[編集]

フランドルの農村におけるケルメス(en:Kermesse (festival))と呼ばれる縁日の様子が描かれている[5][6][7]風俗画に分類される[7][5]。ブリューゲルは、ケルメスを描いた下絵素描『ホボケンの縁日』を1559年頃に製作している[8]。署名がある一方で、年記はないが、奥行きを出すための遠近法が用いられていることや、大型の人物が描き入れられていることなどから、ブリューゲルの晩年の1568年頃に描かれたものと考えられている[5]オーストリアウィーン美術史美術館に所蔵されている[9]

作品[編集]

村の道で4人ほどの男女が、バグパイプの演奏に合わせて、ペアになって踊っている。画面の右端には、1人の老爺が女性の手を引きながら、踊りに参加するために走り込んできた様子が描かれている[5][7]。老爺の帽子には、スプーンが装着されている[2]

画面の左側には、居酒屋の前に持ち出されたテーブルが描かれており、その周りには村民の他に、バグパイプの演奏者が集っている[5][6][10]。バグパイプを演奏している太った男性は、指をパイプの穴に正確なポジションに添えており、頬を大きく膨らませている[11][6][10]。バグパイプは、極めて正確に描かれている[12]。テーブルの上には、バターやパン、水差しなどが描かれている[13]

バグパイプ奏者の手前には、小さな子どもに踊りを教えている老女の姿が描かれている[14]。バグパイプ奏者の後方には、素焼きのジョッキを手にしている男性客がビールを勧めている様子が描かれている[11]。帽子で目が隠れている盲人の他に、手を前に差し出している男性は、物乞いであると思われる[14]

キスを交わす恋人たちや、左右で色が異なる衣服を身につけた道化の他に、家の中から女性を引っ張り出そうとしている人物などが描かれている[15]。画面中央左に描かれた農家の2階の窓からは、赤いケルメスの聖旗が垂れ下げられている。画面右端に描かれた木の幹には、聖母子像の絵が掲げられており、その下には花輪が描かれている。画面後方には、教会が描かれている[16][17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 農民の踊り デジタル大辞泉プラスの解説”. コトバンク. 2019年11月2日閲覧。
  2. ^ a b 『名画の謎 対決篇』 2015, p. 90.
  3. ^ Cynthia Cyrus. “Four Weddings and a Funeral or Two: Ceremonials of Celebration in the Early Modern Era”. ヴァンダービルト大学. 2019年11月2日閲覧。
  4. ^ in den Bildern der Kunstgeschichte 3.pdf Kleider machen Leute in den Bildern der Kunstgeschichte”. Monika Nordhausen. 2019年11月2日閲覧。
  5. ^ a b c d e 『図説 ブリューゲル』 2012, p. 105.
  6. ^ a b c 『ブリューゲルの世界』 2017, p. 129.
  7. ^ a b c 『名画の謎 対決篇』 2015, p. 89.
  8. ^ 『図説 ブリューゲル』 2012, pp. 36, 105.
  9. ^ イギリス・ルネサンスの諸相 演劇・文化・思想の展開”. 中央大学. 2019年11月2日閲覧。
  10. ^ a b 片山寛 (2018年3月). “「死の舞踏」の向こうに見える救い”. 西南学院大学. 2019年11月2日閲覧。
  11. ^ a b 『名画の謎 対決篇』 2015, p. 93.
  12. ^ 絵画から復元された楽器たち 中世フランスの音楽を楽しむ”. メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド. 2019年11月2日閲覧。
  13. ^ Stephanie Porras (2011年). “Producing the Vernacular: Antwerp, Cultural Archaeology and the Bruegelian Peasant”. Historians of Netherlandish Art. 2019年11月2日閲覧。
  14. ^ a b 『名画の謎 対決篇』 2015, p. 91.
  15. ^ 『名画の謎 対決篇』 2015, pp. 90 - 92.
  16. ^ 『図説 ブリューゲル』 2012, p. 106.
  17. ^ 『名画の謎 対決篇』 2015, pp. 89, 91.

参考文献[編集]

  • 中野京子『中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇』文藝春秋、2015年7月。ISBN 978-4-16-390308-8
  • 森洋子『ブリューゲルの世界』新潮社〈とんぼの本〉、2017年4月。ISBN 978-4-10-602274-6
  • 岡部紘三『図説 ブリューゲル 風景と民衆の画家』河出書房新社〈ふくろうの本〉、2012年8月。ISBN 978-4-309-76194-7

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、農民の踊りに関するカテゴリがあります。