踊ろうマチルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
踊ろうマチルダ
出生名 釣部修宏
別名 ツルベノブヒロ、べー師匠
生誕 (1981-02-26) 1981年2月26日(36歳)
出身地 日本の旗 日本 福井県坂井市
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ヴォーカル
ギター
アコーディオン
ピアノ
マンドリン
活動期間 釣部修宏
1997年-?)
オールド・ジャンク・パレード
ナンシー・ウイスキー
2003年-2007年
踊ろうマチルダ(2008年- )
公式サイト 踊ろうマチルダHP
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
植松伸夫
ザ・チーフタンズ
ザ・ポーグス
トム・ウェイツ

踊ろうマチルダ(おどろうまちるだ、1981年2月26日 - )は、日本シンガーソングライター福井県坂井市出身。身長164cm。血液型A型。踊ろうマチルダという名前は、オーストラリアの旧い民謡「Waltzing Matilda(ワルツィング・マチルダ)」からとられている。バンドではなく、ツルベノブヒロのソロ・プロジェクト。

略歴[編集]

2003年に釣部修宏名義で『平成トラッド』を発表している。オールド・ジャンク・パレード、ナンシー・ウイスキーなどのバンドを経てソロとなり、ツルベノブヒロとして活動していたが、2008年に踊ろうマチルダへと改名。同年秋に『Hush』を発表した。以降、ほぼ口コミのみでファンを増やし、2009年、セカンドミニアルバム『夜の支配者』を発表。2010年には、踊ろうマチルダ名義のみならず、本名、バンド時代の楽曲を弾き語りで収録した『故郷の空』を発表した。

2011年には、「AOMORI ROCK FESTIVAL -夏の魔物-」や「FUJI ROCK FESTIVAL '11」などのフェスに出演。

2012年には、「箒川を渡って」がNHK土曜スペシャルドラマ『とんび』のエンディングテーマとなった(プロデュースは大友良英)。また、KIRINのプレミアムビール「グランドキリン」特設ページの動画内において、「春は夜に咲く」が使用されていた[1]

2013年以降は、サポートを入れず、弾き語りで活動している。

音楽[編集]

しゃがれ声が特長。旅や季節にまつわる楽曲が多く、歌詞は日本語で綴られている。テーマソングである「踊ろうマチルダ」は未だ音源化されていないが、踊ろうマチルダ名義のフルアルバムを発表する際には収録すると語っている[2]。未発表曲が多い。

ライヴでは主にヴォーカルアコースティックギターアコーディオンオルガンを演奏する。アコーディオンはボタン式を使用しているが、以前は鍵盤式を使用していた。マイクにはテープでカズーが取り付けられている。ライヴハウスにピアノがあれば弾くことがある。他にもティン・ホイッスルバンジョーマンドリンなどをこなすマルチプレイヤーである。

人物[編集]

歌詞中にスコッチウイスキーワイン、銘柄ではギネスなど、様々な酒の名前が出てくるが、アルコールはほとんど飲めない。甘党。日本の方言や田舎の素朴な文化を好む。

真島昌利やトム・ウェイツだけでなく、アイルランドスコットランド、北欧やロシアなどのトラッドを好む。また、音楽のルーツとして、ロールプレイングゲームBGMがあり、その中でも特にファイナルファンタジーシリーズの音楽を手がけた植松伸夫に強い影響を受けている。

「俺のルーツの根本をずっと辿っていくと、やはり最後に行き着く所は、植松伸夫さんなんだよ」 (2013年1月4日 踊ろうマチルダ twitter上での発言)

アコースティックギターは主にヤイリギター製(S.Yairi)を使用しており、メンテナンスのため、ツアーの合間にたびたび岐阜県可児市の工房を訪れる[3]。なお、工房よりツルベ本人の意見を取り入れたカスタムギターをプレゼントされている。ギターをはじめとして、所有する楽器はすべて右利き用だが、本人は左利きである。

キャンピングカーを所有。沖縄などの離島や北海道以外は自ら運転し、車中泊をしながらライヴ会場へと向かう。高速道路はあまり使わない。

3.11 東日本大震災発生以降[編集]

2011年3月11日に発生した東日本大震災の時は、秋田県鹿角市に構えていた自宅(当時)におり、翌週の18日には名古屋でのライヴが予定されていた。震災直後は、東北地方のガソリンスタンドへの燃料輸送が滞っており、当日までライヴを行えるかどうかわからない状況にあったが、無事に到着しライヴを行った。アンコールでは急遽投げ銭に近い形で義援金を集め、「どういう形になるかわからないが、直接被災地に届ける」と発言。現在も物販ブースの一角に募金箱を設置し、その活動を継続している(DVD『踊ろうマチルダ LIVE at 梅田シャングリラ 2011』内冒頭にて義援金募金箱が確認できる)。

ディスコグラフィー[編集]

ミニアルバム[編集]

  1. ロンサムスイング
  2. 春は夜に咲く
  3. 季節は変わる
  4. ギネスの泡と共に
  5. マリッジイエロー(live take)
  1. ハートブレイクブルー
  2. 8月の子守歌
  3. 夜の支配者
  4. Bus to Hell
  5. この炎は消せない
  6. 夏の最後の赤い薔薇(live take)

弾き語りアルバム[編集]

  1. 睡蓮の花
  2. スクリーミング
  3. ミミズクポルカ
  4. 夢の列車
  5. ギネスの泡と共に
  6. さようなら
  7. 夏の終わり
  8. 季節は変わる
  9. ゴーストソング
  10. 古き良きロマン
  11. 故郷の空

DVD[編集]

  • 踊ろうマチルダ LIVE at 梅田シャングリラ 2011』( 2013年1月13日)WMDV-0001
  1. スクリーミング
  2. 8月の子守歌
  3. ミミズクポルカ
  4. ゴーストソング
  5. 夏の終わり
  6. パーティー
  7. この炎は消せない
  8. さようなら
  9. 古き良きロマン
  10. 嵐の夜
  11. ギネスの泡と共に
  12. 踊ろうマチルダ
  13. Bus to Hell
  14. 季節は変わる
  15. ハートブレイクブルー
  16. ロンサムスイング
  17. マリッジイエロー
  18. ナンシー・ウイスキー
  19. 異国の夢

OST[編集]

  • NHK土曜ドラマスペシャル「とんび」オリジナル・サウンドトラック』(2011年

「箒川を渡って」のピアノ・ソロ、ドラマバージョンの2種を収録。ライヴで披露されるものとは歌詞が若干異なる。

別名義[編集]

アルバム[編集]

  1. 枯れたブーゲンビリア
  2. スクリーミング
  3. ロシアンガールはもういない
  4. 風流
  5. 白樺並木の見える場所で
  6. 夢の列車
  7. サヨナーラ
  8. 夏の最後の赤い薔薇
  9. 異国の夢
  10. スイレンの花

ミニアルバム[編集]

  • 釣部修宏『異国の夢』(会場限定、現在入手困難)
  1. 異国の夢
  2. screaming
  3. 風流
  4. 切ない朝
  5. サヨナーラ
  6. last rose of summer
  1. Auld Lang Syne
  2. タータンステップ
  3. ツキのポルカ
  4. ゴーストソング
  5. カーニバル
  6. 古き良きロマン

コンピレーション[編集]

  • GREEN ANTHEM』(2007年3月3日)GLOR20
    Nancy Whiskey「ポプラの木の下で」収録。

出演[編集]

テレビ[編集]

楽曲提供[編集]

ドラマ[編集]

web[編集]

  • グランドキリン

脚注[編集]

外部リンク[編集]