跡田直一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

跡田 直一(あとだ なおいち、明治3年10月4日1870年10月28日) - 昭和10年(1935年7月17日)は日本実業家

人物[編集]

1870年10月、大分県に跡田善策の長男として生まれる。1893年法學院(現・中央大学)を卒業し、逓信省鉄道局(後に鉄道省を経て日本国有鉄道の前身となる)に入省。1910年名古屋運輸事務所長(戦後の名古屋鉄道管理局長に相当)に就任。

1912年名古屋電気鉄道(現名古屋鉄道の前身)の経営陣に請われ、官職を辞して支配人(現在の鉄道部長に相当)に就任。以後は1920年に同社取締役、1921年の(旧)名古屋鉄道(名古屋電気鉄道の郊外線部門を分社化)発足時も、引き続き取締役兼支配人を務め、1925年には常務取締役、1933年には取締役社長(当時の社名は名岐鉄道)に就任。

1935年愛知電気鉄道との合併交渉を取り仕切り、新生「名古屋鉄道」の初代社長に就任予定であったが、合併日(8月1日)を目前に病死。

なお五男・跡田禎三も早稲田大学卒業後に名鉄入社、濃飛乗合自動車の再建に携わった後、1979年から1994年まで岐阜乗合自動車社長を務めた(1994年7月1日死去)。

跡田直澄嘉悦大学教授は、直一の孫にあたる。