跡田直澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

跡田 直澄(あとだ なおすみ、1954年2月20日 - )は、日本経済学者。専門は財政学公共経済学嘉悦大学教授・副学長[1]大阪大学博士(経済学)。祖父は実業家名岐鉄道名古屋鉄道の前身)取締役社長の跡田直一名古屋市生まれ。

経歴[編集]

  • 1976年 学習院大学経済学部卒業
  • 1978年 大阪大学大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
  • 1981年 大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程中退、和歌山大学講師
  • 1983年 経済企画庁経済研究所客員研究員(~1986年)
  • 1985年 帝塚山大学助教授
  • 1987年 大蔵省財政金融研究所特別研究官(~1989年)
  • 1992年 名古屋市立大学助教授
  • 1996年 大阪大学大学院国際公共政策研究科教授
  • 1999年 大蔵省財政金融研究所特別研究員
  • 2002年 慶應義塾大学商学部教授
  • 2007年 大阪大学大学院医学系研究科特任教授(アストラゼネカ寄附講座)[2]
  • 2008年9月 慶應義塾大学退職[3]
  • 2008年11月 西宮市長選挙立候補 18,561票を獲得するも落選[4]
  • 2009年 嘉悦大学教授・同大学副学長(~2018年)
  • 2018年 京都学園大学経済学部経済経営学部経済学科教授
  • 2019年 京都先端科学大学経済学部経済経営学部経済学科教授

著書[編集]

単著[編集]

  • 『郵貯消滅 超借金国家・日本を破産させないために』(PHP研究所、2005年)
  • 『利益が上がる! NPOの経済学』(集英社インターナショナル、2005年)
  • 『私たちにとって本当に必要な「小さな政府」とはどんなものか?』(集英社インターナショナル、2006年)
  • 『中国が笑う日本の資本主義』(ヴィレッジブックス、2008年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『企業税制改革―実証分析と対策提言』(日本評論社、2000年)
  • 『財政投融資制度の改革と公債市場 』(税務経理協会、2003年)

共編著[編集]

社会的活動[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]