足立修一 (弁護士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

足立修一(あだち しゅういち、1958年8月23日 - )は、広島弁護士会所属の日本の弁護士(登録番号:22102、司法修習43期)である。京都大学法学部卒。司法修習での同期生に枝野幸男がいる。

人物[編集]

光市母子殺害事件[編集]

1999年に光市母子殺害事件にて作業員に装って侵入して母子を殺害して強姦した被告人弁護を自身と同じ死刑廃止論者で主任弁護する安田好弘らと担当した。2000年3月22日の1審と元少年はの1審判決後に友人宛てに「かわいい犬がいたら襲うのが当たり前」などと書いた手紙が証拠に出された2002年3月14日の控訴審[1]の無期懲役判決を正義に反するとして最高裁判所が2006年5月20日に安田と足立の主張を否定して「殺害の計画性のなさや、少年だったことを理由とした死刑回避は不当」と差し戻した[2]。差し戻されたため開かれた2007年5月24日の広島高裁での初公判弁護で女性の殺害を「母に対する人恋しさに起因する母胎回帰」「殺人ではなく傷害致死」、殺害後の強姦行為を「死後の暴行は、生(せい)をつぎ込んで復活させるための魔術というべき儀式」、と論じた。検察側が「美人の主婦を物色した」と主張する、福田孝行被告が会社の作業服を着てアパートを戸別に回った行為を、「会社を欠勤した罪悪感をまぎらわすための仕事のまねごと、つまりママゴト」、殺害した赤ん坊を床に叩き付けたのは「ままごと遊び」などとして死刑回避のために責任能力が無いようにするための主張をして弁護した。被害者の夫には「怒りを超えて失笑」、「死刑廃止活動に裁判を利用している」などと批判された。元少年が友人にあてた「少年法では死刑にならない。自分は7年経ったら仮釈放になる」という手紙の証拠からも他の弁護士にも批判されて、死刑廃止活動としての裁判利用で世論やマスコミでも批判的された[3][4][5]。そのため2007年9月には、2007年5月27日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」で橋下徹が同事件の弁護士に対し懲戒請求を行う旨の発言に対したため被告人弁護士らの主張に世間の批判が集まっていたこともあり約8000件近い請求が来た[6]。懲戒請求により業務を妨害されたとして、弁護団の今枝仁ら3人と共に橋下徹に対し損害賠償訴訟を起こした[7]。2008年4月22日に広島高裁で「犯行は冷酷残虐で非人間的と言わざるを得ない。殺害の計画性や強姦の強固な意思があったとは言えないが、死刑を回避するに足る特段の事情は認められない」「身勝手かつ、自己中心的で、被害者の人格を無視した卑劣な犯行」「反省も表面的で、遺族を愚弄している」として一審判決破棄されて死刑判決になった[8][9]。上告して最高裁に「殺意はなく、傷害致死罪が成立するにすぎない。反省を深めており立ち直りは可能」と陳述書を提出したが、2012年2月20日に棄却されて死刑確定した[10]

岩国基地訴訟[編集]

岩国市の米軍岩国基地周辺住民らが国を相手取り在日米軍再編に伴う米空母艦載機の岩国基地への移転や米軍機や自衛隊機の夜間・早朝の飛行差し止め、騒音被害に対する損害賠償を求めて提訴した。原告弁護団の足立は国側が答弁書で過去分の被害請求に「被害は受忍限度内で棄却を求める」などとしていることに騒音が過小評価していると批判している。また、原告が「うるささ指数(w値)」75W以上の地域に住んでいるのに「不知」としていることに対し、「住宅防音工事をやっており確認できる。この否認は不誠実さを示している」と批判している。国側は「滑走路を沖合に移設した後、岩国飛行場の騒音は軽減された」と反論している[11][12]

不祥事[編集]

  • 1995年に広島県大竹市でスピード違反で検挙された際に「一種のおとり捜査で、計測結果も正確ではない」、「規制速度が実勢とかけ離れており、速度超過は違法ではない」と主張し、反則金の納付を拒否、刑事事件へと発展して道路交通法違反の罪で起訴された。弁護士が被告人となった事件として、足立事件として当時マスコミで大きな話題となった。初審・控訴審ともに足立の主張は退けられている[13]
  • 2006年3月14日に予定されていた光市母子殺害事件の最高裁での上告審弁論に日弁連の行事のため主任弁護士の安田と欠席したため、裁判長が「極めて遺憾」とコメントするなどさらに批判も集まった[13]。安田と足立両弁護士への懲戒請求を2006年3月に被害者の夫は提出して、2007年1月の第2東京弁護士会の綱紀委員会で初めて請求理由の説明を行っている。その後の聴取でも被害者の夫に「弁論欠席で遺族を苦しめただけでなく、国民の司法に対する信頼を失墜させた」と日弁連の活動を優先し、本当の裁判を欠席するなど背任行為で何よりも遺族を侮辱しているとして強く批判されている[14]

脚注[編集]

関連項目[編集]