足利市総合運動公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
足利市総合運動公園陸上競技場
Ashikagarikujo3.JPG
足利市総合運動公園陸上競技場の位置(栃木県内)
足利市総合運動公園陸上競技場
施設情報
所在地 日本の旗 栃木県足利市田所町1123
位置 北緯36度20分41.3秒 東経139度27分38.7秒 / 北緯36.344806度 東経139.460750度 / 36.344806; 139.460750座標: 北緯36度20分41.3秒 東経139度27分38.7秒 / 北緯36.344806度 東経139.460750度 / 36.344806; 139.460750
開場 1947年
修繕 1999年
所有者 足利市
運用者 足利市
照明 100〜300ルクス
使用チーム、大会
栃木ウーヴァFCJFL・準ホームスタジアム)
ジャパンラグビートップリーグ公式戦
栃木SCホームゲーム(J2
FC水戸ホームゲーム(J2)
ザスパ草津ホームゲーム(J2時代)
収容能力
7,500人(メインスタンド固定座席:3,500席)
アクセス
バス
  • 足利市生活路線バス中央循環線・名草線「武道館前」下車
鉄道

足利市総合運動公園陸上競技場(あしかがしそうごううんどうこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、栃木県足利市が運営する足利市総合運動公園の中心施設で、足利市のスポーツの拠点として利用されている。

開場は1947年と歴史があるが、現在のスタジアムは足利市振興計画において日本陸連第二種公認競技場として全面改修され、1999年3月にリニューアルオープンしたものである。以来、J2ザスパ草津水戸ホーリーホック栃木SCのホームゲームが開催されている。特に、栃木SCの主催試合では「足利劇場」と呼ばれるほど劇的な試合が展開されていたが、2010年以後はJリーグ開催基準の厳格な規定があるため開催されなくなった。

2010年からはJFLに昇格した栃木ウーヴァFCの準ホームスタジアムにもなっている。ジャパンラグビートップリーグの公式戦も開催されている。

運動公園内には他に、プロ野球も開催される硬式野球場などが立地している。

概要[編集]

  • 所在地:栃木県足利市田所町1123
  • 収容人数:7,500人(座席数 3,500・メインスタンドのみ固定座席、他は芝生席)
  • 照明:100~300ルクス(照度の関係でJリーグ・栃木サッカークラブ主催試合はナイターできず)
  • フィールド内面積:7,397m2
  • トラック:一周400m・全天候型8レーン(ゴムチップウレタン舗装)
  • 得点板