越生梅林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
越生梅林

越生梅林(おごせばいりん)は、埼玉県入間郡越生町にある越辺川沿いに広がる林。水戸偕楽園、熱海梅園と共に「関東三大梅林」の1つとされている。

概要[編集]

梅林内の様子

南北朝時代武蔵国小杉村に大宰府より天満宮を分祀する(梅園神社)際にを植えたのが起源という。

一帯では2万本程の梅が栽培されており、越生梅林はその中にある「梅まつり」が行われる約2haの広さの土地をいう。 越生野梅などの保存古木など約1000本が植えられており、明治期には、佐佐木信綱田山花袋野口雨情らが訪れ、その風情を詩歌に残している。

新編武蔵風土記稿津久根村の項には「土地梅に宜し く梅の樹多く植ゆ、実を取って梅干として江戸に送る。比辺皆同じけれど殊に当村に多しといふ」とあり、昔から梅の生産が盛んであったことを伺わせ、現在では梅林を中心に2万5千本の梅が栽培されている。

梅まつり[編集]

毎年2月中旬から3月下旬まで梅まつりが開かれ、多くの観光客が訪れる。梅林のなかにミニSLの全長253m一周線路が敷設されており、期間内の設定日にはミニSL(かつて八高線で走っていた国鉄9600形蒸気機関車の10分の1モデル)が運行される。また、舞台では郷土芸能も披露される。

梅林内を走るSL

交通[編集]

鉄道[編集]

自動車[編集]

風景[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度58分21秒 東経139度16分27.2秒 / 北緯35.97250度 東経139.274222度 / 35.97250; 139.274222