超操院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

超操院(ちょうそういん、生年不明 - 寛政12年3月9日1800年4月2日))は、江戸時代の女性で、第11代将軍徳川家斉側室。俗名は里尾利尾

生涯[編集]

書院番士・朝比奈矩春の娘として生まれる。

寛政6年(1794年)に本丸御次として大奥に入り、中臈となる。寛政10年(1798年)に家斉との間に五女・格姫を出産するが、翌年の寛政11年(1799年)に早世する。

寛政12年(1800年)3月9日、死去。戒名は超操院暁岳慧雲大姉。

参考文献[編集]