超大光度X線源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

超大光度X線源[1] (ultra-luminous X-ray source、ULX[1])は、活動銀河核よりは光度が小さいが、あらゆる恒星の過程よりも光度が大きなX線の源である。 (> 1039 エルグ/s, or 1032 ワット)。全ての方向に等しくX線を放射していると考えられている。通常、1つの銀河には1つ以下のULXが存在するが、複数のULXを持つ銀河もある。天の川銀河はULXを持たない。ULXの光度は、中性子星恒星ブラックホールエディントン光度さえも越えていることに注目が集まっている。ULXのエネルギー源については分かっていない。

観測[編集]

ULXは、1980年代にHEAO-2で初めて発見された。後にROSATで観測が行われ、解像度が大きく向上したXMM-Newtonチャンドラで研究上の大きな進展が見られた。チャンドラによるULXの観測では、通常、1つの銀河には1つ以下のULXが存在することが明らかになった。[2]

ULXは楕円銀河も含む全ての型の銀河で発見されているが、星形成銀河相互作用銀河で最も良く見られる。実際、ULXの数割は背景クェーサーである。またX線源がULXである可能性は渦巻銀河よりも楕円銀河の方が高い。

著名なULX[編集]

  • M74: 2005年のチャンドラによる観測より、中間質量ブラックホールが存在する可能性が示唆された。
  • M82-X1: 2004年10月時点で、最も光度の大きいULXであり、良く中間質量ブラックホールの一番の候補であると言われる[3]。 M82-X1は星団を伴っており、62日間ごとの準周期的振動を見せる。
  • M101-X1:最も明るいULXの1つであり、光度は1041 erg/s (1034 W)に達する。このULXはこれまで超巨星とされていた可視光源とも一致しており、X線連星だと考えられている[4]
  • NGC 1313-X1, X2: NGC 1313は、レチクル座の方角にある渦巻銀河であり、2つのULXを含んでいる[5]。これらの2つのX線源は温度の低いディスクコンポーネントを持っていた。これは中間質量ブラックホールの存在可能性を示す証拠と解釈されている[6]

関連項目[編集]

出典[編集]