赤崎貞幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤崎 貞幹(あかざき ていかん、元文4年(1739年) - 享和2年8月29日1802年9月25日))は江戸時代薩摩藩武士漢学者は貞幹。通称は源助。は彦礼。は海門。生年は寛保2年(1742年)、没年は文化2年(1805年)ともされる[1]。なお、諱の読みは「ていかん」と有職読みされる。

谷山郷士であったが、山本伝蔵と同じく山田喜右衛門有雄(君豹)に師事する。のち肥後国で藪弧山に師事して帰藩すると、鹿児島城下士となる。 山本伝蔵の後に造士館教授御用人格となるが、江戸で64歳で死去したため、再び山本が造士館教授となる。菩提寺は泉谷山大円寺法号は層巌院海門嘯月居士。なお、「薩陽過去帳」では享和2年8月29日死亡としている。

教授の他に助教、島津斉宣の侍読、記録奉行、物頭、江戸幕府の神田聖堂弐日講釈を勤め、定府となる。

著書に「琉客譚記」などがある。また、芝山持豊より和歌を学ぶという。

年譜[編集]

  • 天明3年;助教及び島津斉宣侍読となる。
  • 天明6年;聖堂奉行が教授に改称される。
  • 天明8年;助教から記録奉行に役替え。また引き続き侍読を勤める。
  • 寛政5年;物頭に就任。
  • 寛政7年;教授に就任。

脚注[編集]

  1. ^ 死亡年月日について、「称名墓志」によると南林寺にあった墓石には文化2年8月30日に死去としている。

参考文献[編集]

  • 「鹿児島県史料集14 薩陽過去帳」
  • 薩藩叢書刊行会「新薩藩叢書3」歴史図書社