赤ちゃんがいっぱい (1975年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤ちゃんがいっぱい
ジャンル テレビドラマ
脚本 佐々木守ほか
演出 杉田成道ほか
出演者 新珠三千代ほか
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1975年5月3日 - 同年7月14日
放送時間 土曜21:00 - 21:55
放送枠 土曜劇場
放送分 55分
回数 12

特記事項:
土曜劇場』初の21:00開始作。
テンプレートを表示

赤ちゃんがいっぱい』(あかちゃんがいっぱい)は、1975年5月3日から同年7月14日までフジテレビ系列の『土曜劇場』で放送されたテレビドラマ。全12回。

概要[編集]

『土曜劇場』初の21:00開始作品。

東京銀座画商を営む更科憲介の妻・加津子、その娘・由美子、その息子・研一の恋人・順子、そして玲子の四人の女性が同時期に妊娠。高齢妊娠、婚前妊娠などそれぞれの複雑な事情が絡み合う様子を描いたホームコメディー[1]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1975年5月3日付 毎日新聞 テレビ欄の番組紹介記事より。


フジテレビ 土曜21時枠
前番組 番組名 次番組
赤ちゃんがいっぱい
フジテレビ系 土曜劇場
6羽のかもめ
(土曜22:00 - 22:55)
実質的前番組は
太陽ともぐら』(2)
月曜21:00 - 21:55
赤ちゃんがいっぱい
あなただけ今晩は