賀島重玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
賀島 重玄
時代 江戸時代前期
生誕 元和8年(1622年
死没 延宝8年4月10日1680年5月8日
別名 主水
戒名 万助(幼名)→重玄
主君 蜂須賀忠英徳川秀忠徳川家光
氏族 賀島氏
父母 父:賀島政重
兄弟 賀島冬知、林貞恒
正室:水野成貞の娘(蜂須賀至鎮正徳院の娘)
重郷

賀島 重玄(かしま しげはる、元和8年(1622年) - 延宝8年4月10日1680年5月8日))は、阿波徳島藩家老賀島家4代当主。父は蜂須賀家家老・賀島政重。正室は水野成貞の娘。子は賀島重郷。幼名は万助。通称は主水。

生涯[編集]

元和8年(1622年)、賀島政重の長男として徳島に生まれる。寛永5年(1628年)、江戸に出府して幕府の証人となる。寛永17年(1640年)、阿波に帰国。藩主・蜂須賀忠英より部屋住料として1,000石を給される。慶安5年(1652年)、1,000石の加増を受け知行2,000石。

万治3年(1660年)、家督相続し知行1万石となる。寛文元年(1661年)、仕置家老を拝命する。延宝8年(1680年4月10日、死去。享年59。家督は嫡男・重郷が相続した。

系譜[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「阿南市史」