貴子潤一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

貴子 潤一郎 (たかね じゅんいちろう)はライトノベル作家。
2003年に『12月のベロニカ』第14回ファンタジア長編小説大賞〈大賞〉を受賞し、デビュー。実に8年ぶりの大賞受賞作家である。
MLBメジャーリーグベースボール)フリーク。『探偵真木』シリーズを最期に筆が途絶えている。

作品リスト[編集]

関連項目[編集]