豊田剛一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とよだ ごういちろう
豊田 剛一郎
メドレー豊田.jpg
生誕 (1984-05-23) 1984年5月23日(34歳)
出身校 東京大学医学部
職業 医師経営者
公式サイト 株式会社メドレー

豊田 剛一郎(とよだ ごういちろう、1984年 - )は日本の脳外科医・経営者。

東京都出身。開成高校東京大学医学部卒。 株式会社メドレー代表取締役医師。医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」、オンライン診療アプリ「CLINICS」などを提供。

略歴[編集]

  • 1984年 東京都に誕生
  • 開成中学校開成高校を卒業
    • もともと脳に興味があり脳について学びたいと思い医学部を志望
  • 2009年 東京大学医学部を卒業
  • 聖隷浜松病院での初期臨床研修、NTT東日本関東病院脳神経外科での研修を経て、米国・Children’s Hospital of Michiganに留学
    • 脳への興味に加え外科に勤務している医師に憧れ脳外科医に
    • 留学時は、米国医師免許を取得するとともに小児脳の研究に従事し、初の英語論文が米国学術雑誌の表紙を飾る
  • 2013年 マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社
    • ヘルスケア業界の企業へのコンサルティングに主に従事
  • 2015年2月 株式会社メドレーに参加し代表取締役医師に就任
  • 2015年2月、自らが企画開発を手がけたオンライン医療事典「MEDLEY」を提供開始
  • 2016年2月、医療機関の遠隔診療導入を支援する「CLINICS(クリニクス)」を提供開始
    • 遠隔診療システムの市場では、医療機関への導入数がNo.1に[1]

人物[編集]

  • 「初めて聴いた洋楽『Change the world』(エリック・クラプトン)を演奏したくて、初めてアコースティックギターを購入した」と述べている。

メディア出演[編集]

連載[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社シードプランニング 「2016年版遠隔診療サービスの現状と将来展望」記載の導入数より