豊川義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

豊川 義明(とよかわ よしあき、1945年 - )は、日本弁護士法学士京都大学)。関西学院大学客員教授。元大学院司法研究科長。 労働法学会、法社会学会に所属。

来歴・人物[編集]

大阪府立八尾高等学校、1969年、京都大学法学部を卒業。司法試験合格。司法修習を経て、1971年、弁護士登録。朝日放送事件など多数の労働事件に訴訟代理人として関与した。

日本弁護士連合会労働法制委員会副委員長、大阪弁護士会副会長、日本弁護士連合会理事、日本弁護士連合会法曹養成問題委員会委員長、大阪弁護士会法科大学院設立・運営協力大阪センター委員長を歴任。

2004年から、関西学院大学大学院司法研究科法科大学院)教授。 2008年4月から、同研究科長(2010年3月まで)。 労働法、専門職責任(法曹倫理)等を担当。 2014年3月 関西学院大学大学院司法研究科法科大学院)教授を定年退官。 2014年4月からも関西学院大学大学院司法研究科法科大学院)にて客員教授として労働法を担当。

著書[編集]

  • 『ロースクール演習労働法 第2版』(共編、法学書院、2010年)
  • 『ウォッチング労働法 第3版』(共著、有斐閣、2009年)
  • 『プロブレムブック法曹の倫理と責任 第2版』(分担執筆、現代人文社、2007年)
  • 『司法改革の最前線』(分担執筆、日本評論社、2002年)
  • 『労使紛争と法』(共著、有斐閣、1995年)
  • 『派遣労働の法律と実務』(共著、旬報社、1987年)
  • 『事例で読む労働法実務辞典』(共著、旬報社、1998年)