谷口博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

谷口 博文(たにぐち ひろふみ、1954年5月20日 - )は、九州大学 学術研究・産学官連携本部教授、ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター長。専門分野は、公共政策、地域政策、官民連携、アントレプレナーシップ[1]

人物[編集]

福岡県生まれ、東京大学法学部卒。大蔵省(現財務省)主計局主計官、法規課長、金融庁審議官、関東財務局長、国土交通省政策統括官等を経て、2009年から九州大学産学連携センター教授。福岡アジア都市研究所主幹研究員、産学連携機構九州九州PPPセンター長などを務め、2015年から九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター長。

活動概要[編集]

特記無き物は九州大学研究者情報[1]に準ずる。

研究[編集]

  • イノベーションに親和的な政策立案手法の研究:「政策イノベーション〜Kyushu-Fukuokaからの挑戦」幻冬舎, 2018
  • PPP/PFI事業に関する諸外国の事例研究:「都市政策研究」第15号、第16号、福岡アジア都市研究所, 2013, 2014
  • 地域公共交通政策における助成制度のあり方に関する研究:「都市政策研究」第14号、福岡アジア都市研究所, 2013
  • 道州制、地方分権改革、広域的地方行政機構のガバナンスに関する研究:「都市政策研究」第13号、福岡アジア都市研究所, 2012、九州経済連合会行財政委員会・道州制研究会
  • パブリックガバナンス改革の必要性とその行政組織論的研究:パブリックガバナンス改革推進協議会
  • 人口減少地域における定住人口増加策、コミュニティ再生策に関する研究:糸島市九州大学連携研究助成金
  • 公共施設等総合管理計画策定と公共施設の老朽化に関する実践的手法研究:公共施設マネジメント研究会

経歴[編集]

  • 1973年 福岡県立修猷館高等学校卒業[2]
  • 1977年 東京大学法学部卒業、大蔵省入省
  • 1995年 主計局主計官
  • 1998年 主計局法規課長
  • 2004年 九州財務局長
  • 2005年 金融庁審議官
  • 2007年 関東財務局長
  • 2008年 国土交通省政策統括官
  • 2009年 九州大学産学連携センター教授
  • 2015年 九州大学アントレプレナーシップセンター長

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]