謝肇セイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
謝肇淛から転送)
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「謝肇淛」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
謝肇淛
生誕 1567年隆慶元年)
福建
死没 1624年天啓4年)
職業 文人

謝肇淛(しゃ ちょうせい、拼音:Xiè Zhào-zhè)(1567年-1624年)は明朝の文人、官人。字は在杭福建省長楽県の出身。

1567年隆慶元年)に生まれた。若い時から徐熥徐𤊹曹学佺等と結社を作った。1592年万暦20年)に壬辰科の進士となり、湖州東昌推官南京刑部主事兵部郎中工部屯田司員外郎を経て、1621年広西按察使に任じられた。官位は、広西右布政使に至った[1]

謝肇淛はかつて詔によって、河道の治水を命じられ1年で完成させた。あわせて、その経験を『北河紀略』に記した。彼は袁宏道から『金瓶梅』を借りている[2]1624年(天啓四年)に亡くなった。彼の撰した『五雑組』(全16巻)があり、そこには、多く風物や掌故が記されている[3]。その他に、『文海披沙』、『文海披沙摘録』等を著している。

注釈[編集]

  1. ^ 『明史巻二百八十六』:閩中詩文,自林鴻、高棅後,閲百餘年,善夫継之。迨萬暦中年,曹学佺、徐𤊹輩継起,謝肇淛、鄧原岳和之,風雅復振焉。……肇淛,字在杭。萬暦三十年進士。官工部郎中,視河張秋,作『北河紀略』,具載河流原委及歴代治河利病。終廣西右布政使。
  2. ^ 袁宏道在『與謝在杭書』中説:“仁兄近況何似?『金瓶梅』料已成誦,何久不見還也?”
  3. ^ 魯迅:『中国小説史略』第十四篇元明傳來之講史(上)

関連項目[編集]