諸戸精太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

諸戸 精太[1](もろと せいた、1885年明治18年)10月11日[2] - 没年不明)は、日本地主[3]、三重県多額納税[4][5]資産家[1][6]実業家。諸戸タオル代表社員[5]。族籍は三重県平民[7][8]

人物[編集]

三重県桑名郡桑名町(現桑名市)生まれ[1]。三重県の富豪初代諸戸清六の次男[7][8]。二代目諸戸清六の兄[3][5]1907年分家して一家を創立する[1][7][8]農業林業、養魚業を営む[5]。傍ら諸戸精太商会を主宰し、高級タオルの製織を為し、業礎を築く[9]

諸戸殖産合名会社、合名会社諸戸精太商会[7]、諸戸タオル合名会社各代表社員、保証責任西諸戸家信用購買販売利用組合理事長、桑名商工会長、桑名郡動力組合長、桑名郡水産会長などをつとめる[5]

趣味は茶の湯[5]貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有する[2]。三重県在籍[5]、住所は三重県桑名郡桑名町太一丸[7][8]

家族・親族[編集]

諸戸家
  • 妻・とき(1893年 - ?、愛知、森栄七の妹)[5]
  • 長男・精文(1912年 -1998年、諸戸タオル社長)[9]
  • 長男妻・綾子(山梨県知事・本間利雄長女)
  • 精文長男・精孝(1949年ー 、諸戸林業代表取締役)
  • 精孝妻・美与子(服部時計店監査役・服部武三郎の娘)
  • 精孝長男・清光(1972-)
  • 精孝長女・公子
  • 精文次男・精康(1949- 、諸戸タオル代表取締役)
  • 精康妻・真紀子?典子?(伊藤忠不動産常務・藤野弘の娘)
  • 精康長男・圭(1977-)
  • 長女・治子(内外ゴム社長・岡崎藤雄妻)
  • 次女・和子(東京衡機製造所社長・岡崎由雄妻)
親戚
  • 妹の夫・高橋正彦(高橋合名代表社員)
  • 実弟・二代目諸戸清六(諸戸殖産社長、諸戸合名代表社員)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『大正人名辞典』639頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年10月26日閲覧。
  2. ^ a b 『貴族院多額納税者名鑑』貴族院多額納税議員互選者住所氏名 三重県224頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月5日閲覧。
  3. ^ a b 『人事興信録 第8版』モ64頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月5日閲覧。
  4. ^ 『日本紳士録 第35版附録』附録 全国多額納税者 三重県30頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月5日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第9版』モ62 - 63頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月5日閲覧。
  6. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』6頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月5日閲覧。
  7. ^ a b c d e 『人事興信録 第4版』も4頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月5日閲覧。
  8. ^ a b c d 『人事興信録 第5版』も5頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月6日閲覧。
  9. ^ a b 『人事興信録 第12版 下』モ63頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 織田正誠編『貴族院多額納税者名鑑』太洋堂出版部、1926年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第35版附録』交詢社、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 下』人事興信所、1940年。