調音部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
調音位置から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
調音部位
唇音
両唇音
唇歯音
舌頂音
舌尖音 / 舌端音
舌唇音
歯間音
歯音
歯歯茎音
歯茎音
後部歯茎音
そり舌音
歯茎硬口蓋音
舌背音
硬口蓋音
軟口蓋音
口蓋垂音
咽喉音
咽頭音
喉頭蓋音
声門音
二重調音
両唇硬口蓋音
両唇軟口蓋音
歯茎硬口蓋音
後部歯茎軟口蓋音
調音方法

調音部位(ちょうおんぶい、英語: place of articulation)または調音位置(ちょうおんいち)とは、子音調音に際して声道内で空気の流れを妨げる場所のことを言う。

概要[編集]

子音を記述する際に考慮しなければならない要因の1つに、声道のどこで阻害が生じているか、というものがある[1]。調音部位は動かせない受動調音器官(主に上あご周辺にあり、声帯以外動かせない)と、受動調音器官の方向に動かせる能動調音器官など口内下部にある)の名称を使って記述する[1]

従来、調音点(ちょうおんてん、英語: point of articulation)と呼ばれていたが、ある程度面積をもっているので、最近では調音部位、調音位置、調音の位置などが使われる。

調音器官[編集]

1.外 2.内唇 3. 4.歯茎 5.後部歯茎 6.前部硬口蓋 7.硬口蓋 8.軟口蓋 9.口蓋垂 10.咽頭 11.声門 12.喉頭蓋 13.舌根 14.後舌面 15.前舌面 16.舌端 17.舌尖 18.舌端裏

調音[編集]

調音部位は子音を分類する際、発声の次、2番目に置かれる。

  • 例)[p] - 無声・両唇・破裂音

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Paul Carley; Inger M. Mees; Beverley Collins (2017). English Phonetics and Pronunciation Practice. Routledge. pp. 10-11 

参考文献[編集]

Ladefoged, Peter and Sandra F. Disner (2012) Vowels and Consonants, Wily-Blackwell, 『母音と子音:音声学の世界に踏み出そう』田村幸誠・貞光宮城訳、開拓社、2021年. ISBN 978-4-7589-2286-9


子音
肺臓気流
両唇 唇歯 歯茎 後部歯茎 そり舌 硬口蓋 軟口蓋 口蓋垂 咽頭 声門
破裂 p b () () () () t d ʈ ɖ c ɟ k ɡ q ɢ ʔ
() m ɱ () n ɳ ɲ ŋ ɴ
ふるえ (ʙ̥) ʙ () r ʀ
はじき (ⱱ̟) ɾ ɽ (*) (*)
摩擦 ɸ β f v θ ð s z ʃ ʒ ʂ ʐ ç ʝ x ɣ χ ʁ ħ ʕ h ɦ
側面摩擦 ɬ ɮ
接近 (β̞) (ʋ̥) ʋ (ɹ̥) ɹ ɻ j ɰ
側面接近 () l ɭ ʎ ʟ
非肺臓気流   
吸着 ʘ ǀ ǃ ǂ ǁ
入破 ɓ ɗ () ʄ ɠ ʛ
放出 (t̪ʼ) ()
その他
同時調音 ʍ w ɥ ɕ ʑ ɧ
(k͡p) (ɡ͡b) (ŋ͡m)
喉頭蓋音 ʜ ʢ ʡ
舌唇音 () () () (θ̼) (ð̼)
その他側面音 ɺ (*) (ɫ)
破擦音 p͡ɸ b͡β p̪͡f b̪͡v t͡θ d͡ð t͡s d͡z t͡ʃ d͡ʒ ʈ͡ʂ ɖ͡ʐ t͡ɕ d͡ʑ c͡ç ɟ͡ʝ k͡x ɡ͡ɣ q͡χ t͡ɬ d͡ɮ ʔ͡h
記号が二つ並んでいるものは、左が無声音、右が有声音。網掛けは調音が不可能と考えられる部分。
丸括弧内はIPA子音表(2005年改訂版)に記載されていないもの。
国際音声記号 - 子音