西白鷹中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西白鷹中継局(にししらたかちゅうけいきょく)は、山形県西置賜郡白鷹町及び東置賜郡川西町に置かれているテレビ中継局である。

概要[編集]

  • 当中継局は、置賜地方南東部にあり、該当地域へ電波を発信している。
  • なお、当中継局では放送局によって中継局名が異なる(NHKは「西白鷹中継局」、民放局は「白鷹長井中継局」)が、ここでは便宜上「西白鷹中継局」として記述する。なお、アナログテレビでは、NHKはデジタル同様に「西白鷹中継局」、民放は「長井中継局」(山形放送のみ「白鷹中継局」)だった。
  • また、ここではアナログテレビのみに設置されていた、NHK山形放送局総合テレビ教育テレビFM放送)長井中継局(山形放送は眺山中継局)と、NHK山形放送局(総合・教育・FM)白鷹中継局についても併せて記述する。

中継局概要[編集]

デジタルテレビ[編集]

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 偏波面 開局日
西白鷹(白鷹長井)中継局
1 NHK山形総合 29ch 10W 83W 山形県 約1万5200世帯 水平偏波 2007年10月1日
2 NHK山形教育 27ch 全国
4 YBC山形放送 31ch 山形県
5 YTS山形テレビ 33ch
6 TUYテレビユー山形 35ch
8 SAYさくらんぼテレビジョン 39ch

アナログテレビ[編集]

西白鷹中継局[編集]

中継局名 放送局名 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 偏波面
西白鷹中継局 NHK山形教育 15ch 映像100W
音声25W
映像760W
音声190W
全国 不明 水平偏波
NHK山形総合 17ch 山形県
白鷹中継局 YBC山形放送 21ch 映像830W
音声210W
長井中継局 YTS山形テレビ 23ch 映像810W
音声200W
TUYテレビユー山形 19ch 映像830W
音声210W
SAYさくらんぼテレビジョン 25ch

長井中継局[編集]

中継局名 放送局名 テレビチャンネル/
FM周波数
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 偏波面
眺山中継局 YBC山形放送 1ch 映像100W
音声25W
映像340W
音声85W
山形県 不明 垂直偏波
長井中継局 NHK山形総合 3ch
NHK山形教育 6ch 映像310W
音声77W
全国
NHK山形FM 84.6MHz 音声100W 音声115W 山形県 不明
  • 山形放送テレビ眺山中継局と東北放送テレビ仙台本局(八木山)は、偏波面こそ異なるものの(東北放送は水平偏波)同じチャンネルを使用しており、置賜地方で東北放送テレビの遠距離受信を行う際、混信の原因になっていた。米沢市ケーブルテレビ局、ニューメディア区域外再放送の実施にあたっては、1chの混信対策に苦労したという。なお、現在は区域外再放送そのものが中止になった。

白鷹中継局[編集]

中継局名 放送局名 テレビチャンネル/
FM周波数
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 偏波面
白鷹中継局 NHK山形教育 5ch 映像3W
音声750mW
映像4.1W
音声1.05W
全国 不明 水平偏波
NHK山形総合 9ch 映像4W
音声1W
山形県
NHK山形FM 84.0MHz 音声1W 音声1.7W
  • 長井中継局、白鷹中継局放送エリア内でも、UHFアンテナ1本で全局を視聴できる西白鷹中継局や米沢中継局(アナログは笹野山、デジタルは天元台高原)を受信している世帯が多い。
  • 長井中継局、白鷹中継局はデジタル化の予定が無く(西白鷹局や米沢天元台局でエリアカバーされたため)[1]2011年7月24日のアナログ波停波を以って、廃局となった。

脚注[編集]

  1. ^ アナログ放送中継局に対応するデジタル放送中継局一覧:総務省地上デジタル放送に関する公開情報

関連項目[編集]