西枇杷島町横断歩道橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西枇杷島町横断歩道橋
西枇杷島町横断歩道橋
西枇杷島町横断歩道橋
形式 歩道橋
全長 46.8m
2.5m
高さ 5m
階段部 鉄筋コンクリート
端部 鋼鉄
設計・施行 名古屋造船株式会社
竣工・開通 1959年昭和34年)6月27日
取り壊し 2010年平成22年)4月10日
総工費 320万円(当時、現在の2000万円)
西枇杷島町横断歩道橋の階段

西枇杷島町横断歩道橋(にしびわじまちょうおうだんほどうきょう)は、愛知県清須市県道67号名古屋祖父江線県道190号名古屋一宮線の二見交差点に架かっていた歩道橋である。1959年昭和34年)6月27日に竣工・開通した日本初の歩道橋であったが、2010年平成22年)4月10日に取り壊された。撤去後、2011年(平成23年)に名古屋大学構内に移築された[1]

概要[編集]

1959年(昭和34年)6月27日に学童専用陸橋竣工式が行われ、開通した。全長46.8m、幅2.5m、高さ5mで、現在の歩道橋のような鉄骨製ではなく、階段部は鉄筋コンクリート製、端の部分は鋼鉄製であった。設計・施行は名古屋造船株式会社(現在の株式会社IHI)で、日本で初めての歩道橋ということで造船技術が応用されたと考えられる。

歩道橋がある県道67号名古屋祖父江線は旧国道22号線で、当時は毎日必ず一件は交通事故があるという非常に危険な道路だった。二見交差点のすぐ近くには西枇杷島町立西枇杷島小学校(現在の清須市立西枇杷島小学校)があり、児童は登下校時にこの危険な国道を渡らなければならなかった。1957年(昭和32年)1月には小学校の生徒が交通事故で重傷を負ったため[2]PTAを中心に歩道橋の設置を要請。建設省(現在の国土交通省)、中部地方建設局警察が慎重に協議を重ねた結果、総工費320万円(当時、現在の2000万円)でこの歩道橋を完成させた。

県道67号名古屋祖父江線の道路拡張工事で西枇杷島町横断歩道橋の取り壊しが決定すると、地元メディアなどで度々取り上げられ、地元有志らが思い出を残そうと「西枇杷島夢のかけ橋実行委員会」を設立した。2010年(平成22年)2月7日の名岐駅伝では横断幕も用意された。3月12日に「渡り納め式」が行われ、小学校の在校生や卒業生など1000人以上が渡り納めをした。西枇杷島町横断歩道橋は4月10日に取り壊され、50年の歴史に幕を閉じた。道路拡張工事後、新しい歩道橋の工事が行われ、この橋は西枇っ子歩道橋(にしびっこほどうきょう)と命名、9月に竣工した[3]

撤去後、中日本高速道路により名古屋大学構内の橋梁研究施設「ニューブリッジ」に移築され、2011年(平成23年)9月13日に除幕式が開かれた[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度11分53.9秒 東経136度51分51秒