西川清史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西川 清史(にしかわ きよし、1952年 - )は、日本実業家愛知県出身。株式会社文藝春秋取締役副社長。公益財団法人日本文学振興会理事・同評議員会会長。

人物・経歴[編集]

愛知県出身[1]1977年上智大学外国語学部フランス語学科卒業後、株式会社文藝春秋に入社[1]。「週刊文春」「ナンバー」「エンマ」「マルコポーロ」等、雑誌畑を歩んだ[1]

1997年より「CREA」編集長を務める。CREA別冊「CREA TRAVELLER」の第1号「超快適アジアリゾート&アジアン雑貨の旅」が話題となり、20代・30代女性のアジア・リゾート・ブームを過熱させるきっかけをつくった[1]

2011年、「TITLe」編集長に就任。

2010年、同社取締役に就任。

2015年、同社専務取締役に就任[2]

2016年、同社取締役副社長に就任[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d POLAND VIA FRANKFURT ANA WORLD AIR CURRENT 2018年6月3日閲覧
  2. ^ 文藝春秋、西川常務が専務、木俣取締役が常務に内定 新文化通信社 2018年6月3日閲覧
  3. ^ 文藝春秋、西川専務が取締役副社長に内定 文化通信 2018年6月3日閲覧