行安茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

行安 茂(ゆきやす しげる、1931年4月 - )は、倫理学者・教育哲学者。文学博士広島大学論文博士・1965年)(学位論文「グリーンにおける自我実現の研究」)。岡山大学名誉教授

経歴[編集]

岡山県生まれ。1961年広島大学大学院文学研究科博士課程満期退学。1965年岡山理科大学助教授、同年2月「グリーンにおける自我実現の研究」[1]。で文学博士(広島大学)の学位を取得。1975年岡山大学教育学部助教授、1980年教授、1997年定年退官、名誉教授くらしき作陽大学教授、2002年退職。

学風[編集]

イギリス理想主義トーマス・ヒル・グリーン、アメリカ・プラグマティズムジョン・デューイを研究、その思想の近代日本への影響をもテーマの一つとし、綱島梁川河合栄治郎に焦点を当てている。

道徳教育について研究を進め、主として価値選択の道徳教育、自己実現の道徳教育を主テーマとし、さらには生命倫理の問題にも取り組んでいる。

日本イギリス哲学会名誉会員、日本ピューリタニズム学会、日本イギリス理想主義学会会長、日本デューイ学会、比較思想学会、日本道徳教育学会、広島哲学会会員。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『グリーンの倫理学』明玄書房、1968年
  • 『トマス・ヒル・グリーン研究――その思想形成と哲学』理想社、1974年
  • 『価値選択の道徳教育』以文社、1985年
  • 『デューイ倫理学の形成と展開』以文社、1988年
  • 『自己実現の道徳と教育』以文社、1993年
  • 『デューイとフロム――人間疎外の問題を中心として』日本教育研究センター、1993年
  • 『綱島梁川――その人と思想』大空社、1997年
  • 『21世紀に生きる力――その哲学と教育』北樹出版、1998年
  • 『社会生活と心の教育の内容』「心の教育」実践大系第9巻、日本図書センター、1999年
  • 『生命倫理の問題と人間の生き方』北樹出版、2000年
  • 『人間形成論入門』北樹出版、2002年
  • 『近代日本の思想家とイギリス理想主義』北樹出版、2007年
  • 『道徳「特別教科化」の歴史的課題――近代日本の修身教育の展開と戦後の道徳教育』北樹出版、2015年

編著[編集]

  • 『H・シジウィク研究――現代正義論への道』以文社、1992年
  • 『近代イギリス倫理学と宗教――バトラーとシジウック』晃洋書房、1999年
  • 『イギリス理想主義の展開と河合栄治郎――日本イギリス理想主義学会設立10周年記念論集』世界思想社、2014年

共編著[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]