融通念仏縁起絵巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Yuzu Nenbutsu (Anrakuji Tawaramoto)

融通念仏縁起絵巻(ゆうずうねんぶつえんぎえまき)、融通念仏縁起(ゆうずうねんぶつえんぎ)は、日本絵巻物

概要[編集]

平安時代後期に融通念仏宗をおこした良忍(りょうにん 1073年-1132年)の事績ならびに、念仏の功徳について説いた説話を描いた絵巻物である。原本となった絵巻物は、クリーブランド美術館本ほか諸本の下巻奥書にある年号から正和3年(1314年)成立とみられているが、現存している多くの絵巻物は南北朝時代から室町時代にかけて実際に製作されたものである。

鎌倉時代説話集古今著聞集』や仏教書『元亨釈書』などにも良忍についての説話は掲載されており、その後、本絵巻が製作されることによってその事績がひろく描かれていったと見られている[1]。また、永徳から応永年間(1380年代~1420年代)にかけて良鎮(りょうちん)が全国各地に本絵巻ならびにその木版印刷による本を流布させる活動を行っていたことが知られる[2]

版本[編集]

良鎮らによって製作されたもので、木版印刷によって製作された。明徳年間に刊行されたことから「明徳版本」と呼ばれている。多数の僧侶や皇族・貴族による識語が収録されている。後代に製作された絵巻物の中にはこの版本を手本に描かれたものも存在する。また、江戸時代になって清涼寺所蔵の絵巻物の内容を写し、版本とした「享和版本」(享和元年・1801年)もある[2]

おもな伝本[編集]

太平洋戦争直後に日本からアメリカへ流出したもので、上巻はシカゴ、下巻はクリーブランドに分蔵。諸本中の最古本で、画風や詞書の書風から、原本成立の正和3年(1314年)からさほど隔たらない14世紀の作とみなされる[3]
応永24年(1417年)作。詞書は、上巻巻頭名号は後小松天皇、序・第一段ほか堯仁法親王、第4段義円(足利義教)、二条持基一条実秋など。下巻第1段足利義持、識語崇賢門院細川満元山名時煕赤松義則六角満高斯波義重など、当時の朝廷や幕府の有力者が多数染筆している。絵巻紙背に絵師名を記した押紙が貼られており、六角寂済(上巻第1,2段)、粟田口隆光(上巻第3段、下巻第10段)、藤原光国(上巻4,5段)、藤原行広(上巻第6段、下巻第8段)、永春(上巻7,8,9段、下巻4,6,7段)、藤原行秀(下巻第1,2,3,5,9段)だと判明し、彼らも当時最高クラスの絵師たちである。崇賢門院による息子の後円融天皇追善、または足利義持による足利義満追善のため制作された。制作年、詞書の染筆者、絵師名とその担当部分がすべて判明するのは極めて稀で、室町時代中期の基準作として貴重。

このほか、安楽寺(奈良県)には掛幅本の融通念仏縁起絵(重要文化財)がある。

影響[編集]

江戸時代前期の画家・住吉具慶(すみよしぐけい)による絵巻物『元三大師縁起絵巻』(1679年)には、本絵巻から図様を転用して使っている箇所などが見られている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松原茂『日本の美術302 絵巻=融通念仏縁起』至文堂 1991年 18頁
  2. ^ a b 松原茂『日本の美術302 絵巻=融通念仏縁起』至文堂 1991年 24-39頁
  3. ^ (小松、1983)
  4. ^ 榊原悟 「住吉具慶研究ノート 延宝七年「元三大師縁起絵」制作をめぐって」『古美術』第73号、1985年1月、29-56頁。

参考文献[編集]

  • 松原茂『日本の美術302 絵巻=融通念仏縁起』至文堂 1991年
  • 小松茂美編『続日本絵巻集成 11 融通念仏縁起』、中央公論社、1983
    • 小松茂美「『融通念仏縁起』をめぐって」