虎杖浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

虎杖浜(こじょうはま)とは、北海道白老町にある地名。

虎杖浜温泉のほか、タラコの加工業者が集結しており、タラコの産地として知られる。

概要[編集]

地名は、アイヌ語の「クッタイ(クッタルシ)[1]」〔イタドリ(虎杖)・群生する・ところ〕を意訳したものである[2]。なお近隣の倶多楽湖は「クッタルシにある湖」という意で「クッタルシト」と呼ばれていたことから現在の名となった[2]

タラコの加工[編集]

虎杖浜の前浜で10月から翌年2月頃にかけて漁獲されるスケトウダラの卵巣を塩蔵加工した国産品のタラコを出荷することで知られる。一般的に流通しているタラコは、アメリカなど海外で漁獲され採卵し冷凍したものを日本国内で解凍のうえ塩蔵加工する。 国内産品の場合、塩蔵加工の工程前に冷凍し解凍するプロセスが無く、タラコ本来の旨味が生かされるため、味わいが高いとされる。 このため、虎杖浜産の「虎杖浜たらこ」は品質が高く、地域ブランド化(地域団体商標登録)された水産加工品として流通している(虎杖浜のものでも、一部業者は、輸入品のタラコもある)。

アヨロ鼻灯台[編集]

アヨロ鼻灯台は、1976年12月から2016年11月まで、虎杖浜地区アヨロ地内で海上保安庁室蘭海上保安部が管理していた灯台。コンクリート造りで高さ13m、外壁は紅白塗装。廃止理由は、全地球測位システムなどの航海計器の普及によって必要性が低下したこと、また、室蘭市チキウ岬灯台苫小牧市苫小牧灯台の間にあり、両灯台の光の届く範囲がアヨロ鼻灯台の明かりと重複していたこともあるとされている[3]

脚注[編集]

  1. ^ アイヌ語ラテン翻字: kuttar-us-i
  2. ^ a b アイヌ語地名リスト キト~コム P41-50P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。
  3. ^ 40年支え、役目終え「引退」-白老町虎杖浜「アヨロ鼻灯台」苫小牧民報(2016年10月29日)2016年11月12日閲覧

交通[編集]