藤樫準二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤樫 準二(とがし じゅんじ、1897年4月16日 - 1985年7月27日)は、皇室記者。 

富山県出身。中央大学中退。1920年萬朝報社入社、1925年に東京日日新聞、のち毎日新聞に転じた。長年にわたり宮内省(のち宮内庁)担当記者として、皇室関係の報道にたずさわった[1]

著書・編著[編集]

  • 『皇室大観』編 東京日日新聞社 1937
  • 聖上陛下の御日常』東京日日新聞社・大阪毎日新聞社 1937
  • 『勅定褒章録』編 生活社 1939
  • 『皇室敬語便覧』東京日日新聞社・大阪毎日新聞社 1940 - 文庫判
  • 『仰ぐ御光』大道書房 1942、桜菊書院 1945
  • 『恩賞考』晴南社 1944
  • 陛下の"人間"宣言 旋風裡の天皇を描く』同和書房 1946
  • 『皇室の栞』桜菊書院 1948
  • 『われらの象徴民主天皇』東光協会出版部 1949
  • 千代田城 宮廷記者四十年の記録』光文社 1958 - 新書判
  • 『皇室事典』編 毎日新聞社 1965。明玄書房 1976、増訂1989
  • 『日本の勲章 国の表彰制度』第一法規出版 1965
  • 『勲章』保育社カラーブックス 1972 - 文庫判
  • 『天皇とともに五十年 宮内記者の目』毎日新聞社 1977

[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典

関連項目[編集]