藤林広超

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤林 広超(ふじばやし こうちょう、1888年12月25日 - 不詳)は、日本中国文学者真宗大谷派僧侶

来歴[編集]

1911年第三高等学校を卒業。1914年京都帝国大学中国文学科を卒業。同志社大学教授同志社女専講師を勤めた。僧侶としては西宗寺(京都府京都市下京区)の住職を務めていた。

大正のおわりごろ現地で購入して以来、長年親しんできた中国の李汝珍の小説鏡花縁』の翻訳を、大学を退官した70歳のとき(1968年)に決意、以後20年以上の歳月を掛けてこれを翻訳し、92歳のとき(1980年)これを出版した。

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 藤林広超 訳『鏡花縁』講談社 1980年
  • 「中国清代後半の大河小説「鏡花縁」初めて全訳 20年の歳月かけて 92歳を迎える藤林元同大教授」 『京都新聞』夕刊 1980年11月20日