藤島達朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤島 達朗(ふじしま たつろう、1907年1月16日[1] - 1985年1月24日[2])は、日本仏教史学者、浄土真宗大谷派講師。

経歴[編集]

島根県美保関町生まれ。1929年大谷大学文学部国史学科卒、1962年「我国古代に於ける浄土教思想の研究」で大谷大学文学博士。大谷大学文学部助教授、教授、1978年定年、名誉教授、奈良大学教授。真宗大谷派講師[3]

著書[編集]

  • 『日本仏教の話』大谷出版協会 仏教知識講座 1942
  • 恵信尼親鸞の妻』法蔵館 1984
  • 『親鸞をささえた妻と娘 恵信と覚信』法蔵館 1984
  • 『本廟物語 東本願寺の歴史』真宗大谷派宗務所出版部 1984
  • 『日本仏教をささえた33人』法蔵館 1991

共編著[編集]

  • 岩倉公旧蹟保存会所蔵文書目録』徳重浅吉共編 岩倉公旧蹟保存会 1939
  • 『東方年表』野上俊静共編 平楽寺書店 1955
  • 『伝灯の聖者 真宗七高僧伝』野上俊静共編 平楽寺書店 1961
  • 『大谷本廟史』細川行信共著 大谷派宗務所 1963
  • 『日本浄土教史の研究』宮崎円遵共編 平楽寺書店 1969
  • 『親鸞聖人』宮崎円遵,平松令三共編 徳間書店 1973
  • 『親鸞聖人眞蹟集成』全9巻 赤松俊秀, 宮崎円遵,平松令三共編 法藏館 1973-74

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、942頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『日本仏教をささえた33人』著者紹介