藤原生子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 生子(ふじわら の せいし/なりこ、長和3年8月(1014年) - 治暦4年8月21日(1068年9月20日))は、第69代後朱雀天皇の女御。関白藤原教通の長女で、母は藤原公任の娘。准三宮

生涯[編集]

長暦3年11月21日(1039年12月9日)に後朱雀天皇のもとに入内、同年閏12月に女御となったが、寛徳2年(1045年)1月、後朱雀天皇は譲位し、生子は内裏を退出した。天喜元年(1055年)出家。後朱雀天皇との間に子はなかった。治暦4年(1068年)死去。宇治陵に葬られた。

逸話[編集]

後朱雀天皇から生子の立后を打診された藤原頼通は、生子が執柄の娘でないことを理由に拒絶した。

長久2年(1041年)に「弘徽殿女御歌合」を主宰した。

参考文献[編集]

  • 芳賀登 他 監修 『日本女性人名辞典』 日本図書センター、1998年、p. 914