藤原忠経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原忠経
時代 平安時代中期
生誕 不詳
死没 長和3年(1014年)正月
改名 薬勢(幼名)→忠経
官位 従四位下左馬頭
主君 一条天皇三条天皇
氏族 藤原北家中関白家
父母 父:藤原道頼、母:藤原永頼の娘
兄弟 忠経、大納言の君、忠任、明覚
覚尋
テンプレートを表示

藤原 忠経(ふじわら の ただつね)は、平安時代中期の貴族藤原北家権大納言藤原道頼の子。官位従四位下左馬頭

経歴[編集]

童名は薬勢[1]。父・道頼が長徳元年(995年)に没していたことから、大叔父の藤原道長の後見を受け長保2年12月(1001年1月)に元服する。翌長保3年(1001年従五位下侍従に叙任されると、右兵衛権佐左近衛少将といった武官や五位蔵人を経て、寛弘7年(1010年)に従四位下に叙される。三条朝に入ると、長和2年(1013年)左近衛少将を止められて左馬頭に転じるが、翌長和3年(1014年)正月に卒去

寛弘3年(1006年)と長和2年(1013年)の二度に亘り、賀茂祭勅使を務めた。

官歴[編集]

注記のないものは『権記』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『権記』長保2年12月13日条
  2. ^ 『権記』長保4年4月17日条
  3. ^ a b 『御堂関白記』
  4. ^ a b 『小右記』
  5. ^ 『職事補任』
  6. ^ 『本朝世紀』
  7. ^ 『小右記』長和3年正月29日条

出典[編集]