西党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西党(にしとう)は、平安時代から戦国時代にかけて武蔵国西部、多摩川流域を地盤とした武士団である。いわゆる武蔵七党のひとつで、武蔵守日奉宗頼を祖とすることから日奉党(ひまつりとう)ともいう。一族には一ノ谷の戦いで有名な平山季重が居る。

名前の由来[編集]

2つの説がある。1つは宗家の西氏土淵荘(つちぶちのしょう、現在の東京都日野市栄町5丁目)の東光寺上の七ツ塚付近に居を構えた。ここは国府(現在の府中市に置かれていた)の西にあたることから、西氏を称したという説。1つは日奉氏日祀部(ひまつりべ)と関係があることから、これを音読みしたという説である。

なお日奉氏の日野宮神社は、日野市という市名の由来となったという説がある。

歴史[編集]

西党は武蔵国の勅旨牧由井牧八王子市)・小川牧あきる野市)の多摩丘陵等の丘陵地帯を基盤として発展したと思われる。一族は多摩川やその支流である浅川秋川などの流域に住っていた。丘陵の間に段丘がつくられ、小規模であるが生産条件は悪くはない地域である[1]室町時代には西党の勢力圏で分倍河原の戦い立河原の戦いなど大きな戦いが次々と起きた。戦国時代になると滝山城八王子城が次々と建てられた。

西党の一族[編集]

平山氏[編集]

一ノ谷の戦い熊谷直実と先陣争いをしたことで知られる、西党きっての有名人平山季重を出した一族。京王線平山城址公園駅から近いところにある宗印寺日野市平山)には季重の墓や木造が伝えられている。平山氏筑前国原田荘地頭となり、季重の孫である重実が筑前平山氏の祖となっている。

立川氏[編集]

立川氏は立川市南部を地盤としていた。普済寺はその館跡と言われている。

川口氏[編集]

川口氏川口川流域(現在の八王子市川口町)を地盤としていた。 初代は日奉宗頼の子である西宗貞の孫、川口次郎大夫。

由井氏[編集]

由井氏は八王子市由井町を地盤としていた。武蔵国の勅旨牧の1つ、由井牧別当であった、日奉宗弘(西宗弘)の血筋を引く。北条氏照が一時期、「油井源三」(由井源三)と名乗っていた。

田村氏[編集]

田村氏は現在の日野市万願寺付近を地盤としていたと言われる。この地にある田村山安養寺(たむらさんあんようじ)は館跡という。ちなみに安養寺土方歳三の生家の北西500mほどのところにある。

磯氏[編集]

磯氏は現在の国分寺市富士本付近を地盤としていたと言われる土豪。土着化した高句麗系の渡来人の一族である。

下鎌田分家磯氏[編集]

西党磯氏に仕え、磯姓を名乗る事を許された武蔵七党の末端な野武士。下鎌田村に朝鮮半島との密輸交易を生業としていた。町村制の施行に伴い、東京府南葛飾郡瑞穂村(現在の東京都江戸川区西瑞江付近)に戦災移民したと言われる。土着化した高句麗系の渡来人の一族である。

小川氏[編集]

小川氏は武蔵国の勅旨牧の1つ、小川牧を基盤としていたと言われる。その後、薩摩国甑島に領地を得、土着している。この甑島の小川氏に伝わる系図は原本は平成に入ってから火災で失われたもの、研究家の写真撮影によるコピーが残されており[2]、西党研究の貴重な資料となっている。初代は西次郎宗貞の玄孫である小川太郎宗弘。

小宮氏[編集]

小宮氏は現在のあきる野市秋川上流域を地盤としていた。初代小宮三郎道經は12世紀後半の武蔵野国秋留郷の地頭[3]。三代目又四郎經行の兄弟4人が九州へ地頭として赴任。 戦国時代初期には小宮上野介憲明が戸倉城を築城。 小宮氏の氏神である小宮神社(あきる野市草花)には寛正4年(1463年)に小宮上野介憲明が奉納した梵鐘がある。

脚注[編集]

  1. ^ 柴田孝夫『地割の歴史地理学的研究』(古今書院、1975年、240頁)
  2. ^ 峰岸純夫「日奉氏小川系図」(峰岸純夫 他編『中世武家系図の史料論』上巻 高志書院、2007年) ISBN 978-4-86215-029-5
  3. ^ 保坂芳春「あきる野地名考 その1」(『郷土あれこれ』16号、2006年、4頁)

参考文献[編集]

  • 柴田孝夫『地割の歴史地理学的研究』(古今書院、1975年)
  • 峰岸純夫「日奉氏小川系図」(峰岸純夫 他編『中世武家系図の史料論』上巻、 高志書院、2007年)
  • 『日野市史』
  • 『秋川市史』(秋川市は現あきる野市
  • 『桧原村史』
  • 鮎貝房之進『朝鮮姓氏・族制考』国書刊行会、1987年(原著 1937年、『雜攷姓氏攷及族制攷・市廛攷』1973年復刊から「姓氏攷及族制攷」を独立させ改題再刊したもの)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]