藤原定季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
藤原定季
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 承安3年(1173年
死没 天福2年10月16日1234年11月8日
改名 資能→定季
官位 正三位非参議
主君 高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇
氏族 藤原北家道綱流
父母 父:藤原定能、母:源通家の娘
兄弟 親能、定玄、定季資家、定乗、粟田口忠良室、坊門信清室、源定忠室、源兼忠室、大宮局、定観、斎院女房宣旨、殷富門院六条局、持明院家行室、順徳院女房大納言局
定宗盛季、恩子
養子:親季
テンプレートを表示

藤原 定季(ふじわら の さだすえ)は、平安時代後期から鎌倉時代前期にかけての公卿藤原北家道綱流、権大納言藤原定能の次男。官位正三位非参議

経歴[編集]

安元3年(1177年従五位下叙爵文治2年12月(1187年1月)従五位上に進み、文治3年(1187年右衛門権佐に任ぜられる。

文治5年(1189年正五位下建久3年(1192年従四位下に叙せられる。建久5年12月(1195年2月)、名を資能から定季に改める。建久7年(1196年)従四位上、建仁2年(1202年正四位下に昇叙し、承元元年(1207年従三位に叙せられて公卿に列した。承元元年12月(1220年1月)正三位に進むが、天福2年(1234年)10月16日、散位のまま薨去。享年62。

人物[編集]

父・定能から篳篥を受け継いだ[1]正治元年(1199年)11月の上皇御幸、正治2年(1200年)11月の上皇御幸、承元2年(1208年)8月2日、8日の御遊等で篳篥の演奏が確認できる[2]

官歴[編集]

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 安元3年(1177年)正月29日:従五位下に叙す(氏爵未給)。
  • 文治2年12月17日(1187年1月28日):従五位上に叙す(院嘉応元年未給)。
  • 文治3年(1187年)正月23日:右衛門権佐に任ず。
  • 文治5年(1189年)正月28日:正五位下に叙す。
  • 建久3年(1192年)正月5日:従四位下に叙す。
  • 建久5年12月24日(1195年2月5日):資能を改め定季とす。
  • 建久7年(1196年)11月5日:従四位上に叙す(父八幡賀茂行幸賞譲)。
  • 建仁2年(1202年)11月19日:正四位下に叙す(殷富門院御給)。
  • 承元元年(1207年)11月29日:従三位に叙す(信清卿造最勝寺四天王院賞譲)。
  • 承久元年12月13日(1220年1月20日):正三位に叙す。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『篳篥師伝相承』による。
  2. ^ 以上、『猪隈関白記』当該年月日条。