藤井浩佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤井 浩佑藤井 浩祐、ふじい こうゆう、1882年11月29日 - 1958年7月15日)は、彫刻家、日本芸術院会員。

東京生まれ。初名は浩祐。不同舎を経て1907年東京美術学校彫刻科卒、第一回文展に出品、以後出品を続ける。1911年文展出品「鏡の前」から三等賞を四度受賞。1916年日本美術院同人、以後院展に出品、1936年文展審査員となり、院展を退き帝国美術院会員、1937年帝国芸術院会員、1950年日展運営会理事、1953年より浩佑と称する。

著書[編集]

  • 彫刻を試る人へ 中央美術社 1923
  • 犬通(いぬつう) 四六書院 1931(通叢書)
  • 枇杷の葉と犬 昭和書房 1934
  • 浩祐の彫刻と絵 昭和書房 1937