蓬餅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蓬餅

蓬餅(よもぎもち)は和菓子の一種であり、「草だんご」とも言われる。

概要[編集]

まず、上新粉あるいは上新粉と白玉粉を混ぜたものに水と砂糖を加えてこねて生地とし、これを蒸して餅にする。

そして、この餅にヨモギをつき加えてから、適度な量に分けてから丸めて作る。この時に小豆を包むことも多い。

ヨモギの若芽には特有の爽やかな香りがあり、それが珍重され春先の和菓子を代表するものの一つとなっている(ヨモギは餅草とも呼ばれる)。また、若芽を摘んでからゆでて乾燥させたものも出回っており、季節外れにはこれが使われる。

「ヨモギモチイ」の名称は、『日本歳時記』(17世紀末)、『本草食鑑』(17世紀末)、『年中定例記』(18世紀中頃)に見られる。草餅は、当初、ハハコグサが用いられていたが、ヨモギに邪気を払う力があり、食すと寿命が延びるという中国思想から3月3日の節供に用いられるようになった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『世界大百科事典 31 ユシ - リョ』 平凡社 1973年版(初版1972年) p.204.

関連項目[編集]