Wikipedia:サマリースタイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィキペディアでは、記事はいくつかの段階に分けて主題を解説しています。まず記事の導入部では、主題に関する最も重要な点を要約して読者に示します。続く記事本文では、主題に関する個々の細目(副主題)を、それぞれ節を分けて解説します。しかしウィキペディアの記事は、一般に情報が加筆されていくことによって大きくなっていく傾向があります。あまりにも長い記事はさまざまな点で問題となるため、このようなときには記事の分割を考えたほうがよい場合があります。

記事の特定の細目を節から独立させて新たな記事(子記事)を作るときには、分割元の記事(親記事)はその子記事へのリンクとともに、その子記事の要約を記した節を含めるようにします。これをサマリースタイルと呼びます。分割によってサマリースタイルを作る際には、分割の手順に従い、分割時の要約欄に必ず親記事へのリンクを含めるようにしてください。また編集者は、不用意な分割によって特筆性の基準を満たさない記事を作ったり、中立的観点に反する記事を作ったりしないように注意するとともに、分割後の親記事と子記事双方で情報の齟齬が起きないように注意する必要があります。

一般的手順[編集]

一定のサイズを超えた非常に長大な記事は、読者が自分に必要な解説をそこから探し出したり、読み通したりするのが困難になることが予想されます。このような場合には個々の細目を子記事として独立させた上で、親記事ではそれらの要約をそれぞれの節に記しておくようにしたほうがよいかもしれません。ただし、どの程度の長さが記事にとって理想的であるかということについて決まった見解はありません。理想的な長さは記事の扱う主題の性質ごとに異なりますし、また記事の構成が分割に適しているかどうかによっても異なります。さほど長い記事ではなくても、そのうちの特定の細目だけがどうしても長くなり、一つの記事としてのバランスを欠いてしまうような場合には、そのような細目は分割を考えたほうがよいかもしれません。

記事の分割は分割の手順に沿って行います。分割前に必ず告知を行い、分割によって新たな記事を作る際には必ず編集時の要約欄に分割元の記事へのリンクを記してください。しかし編集者は分割を行う前に、その新たに作られる記事が単独でウィキペディアにおけるWikipedia:独立記事作成の目安に適っていることをまず確認する必要があります。基準に適わない場合には、分割を行う前にその主記事へ信頼できる情報源に基づく加筆修正を試みてください。すでに分割された記事が特筆性の基準を満たしていない場合には、元の記事への統合を検討してください。またもし元の記事から不要な情報を刈り込むことができたり、他の部分への統合や除去が可能であるような場合には、記事の分割を行う前にそれらを実行してください。

子記事の記事名は、その子記事が扱っている主題が何かがその子記事名単独で分かるようにします(Wikipedia:記事名の付け方#ある記事の子記事を作る場合参照)。

子記事への要約を記した節では、節の冒頭に{{main}}を使用することによって、「詳細は○○(子記事名)を参照」というかたちで子記事へのリンクを掲示することができます。また子記事にはナビゲーションテンプレートを使って親記事へのリンクを示すことができます。

留意点[編集]

ウィキペディアでは、個々の記事はおのおのが一つの記事として自立している必要があります。他の記事の分割によって作られた記事も例外ではありません。中立的な観点検証可能性独自研究は載せないなどのウィキペディアの諸方針は親記事と子記事双方にそれぞれ個別に適用されます。したがって分割後の記事は親記事、子記事双方にそれぞれ情報源が明記されていなければならず、また分割によってそれぞれの記事の中立性が崩されないように注意する必要があります(これはホロコースト否認のような、特定の観点を主題とする記事の作成を否定するものではありません)。

サマリースタイルを取る記事では、親記事と子記事との間で情報の齟齬が起こらないようにする必要があります。そのためには、記事に加筆する編集者はまず子記事に情報を加え、その後にもし必要であれば同様の加筆を親記事に行うという手順を取ることが望まれます。もし分割後に子記事の内容が大きく変わった場合には、親記事内の要約も書き直す必要があるでしょう。

分割する内容が一覧である場合には、その扱う情報の性質によって、親記事にはより簡便な一覧を残すようにするか、あるいは文章によってその一覧の重要な点が理解できるようにします。場合によっては要約を作るよりも、{{see also}}を用いてその記事のほかの節に関連付けたほうがよいかもしれません。

子記事へのリンクしかない節や定義の箇条書きの項は作らないようにしてください。節や項があるということは記事がその点の説明を必要としているということなのですし、記事が一つの記事として自立しているためには、それらの説明は他の記事に完全に預けてしまうのではなく、元の記事内でほかの部分とのバランスを保てる程度の説明が記されている必要があります。

関連項目[編集]