董恂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
董恂(1871年)

董 恂(とう じゅん、Dong Xun1807年 - 1892年)、字は忱甫、号は韞卿末の官僚、能書家。初めは名をといったが、同治帝の名(載醇)を避けて恂と改めた。

江蘇省揚州府甘泉県出身。1840年進士となり、道光帝咸豊帝・同治帝・光緒帝の4代に仕えた。戸部主事・湖南儲運道・直隷清河道・順天府尹・兵部侍郎・戸部侍郎・都察院左都御史・兵部尚書・戸部尚書を歴任し、中でも戸部尚書の在任期間は1869年から12年の長きに渡った。また総理各国事務衙門にも入り、ベルギーオーストリアとの条約交渉に当たった。1882年、76歳の時に引退し、10年後に揚州で死去した。

董恂は書に長け、著作も多い。『楚漕工程』十六巻・『江北運程』四十巻・『甘棠小志』・『隨軺載筆七種』・『荻芬書屋文稿』・『手訂年譜』が現存している。

総理各国事務衙門在職中に、アメリカの詩人ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローの詩『人生賛歌』の漢訳を扇にしたため、ボストンのロングフェローに送っており、ロングフェローの故居に現存している。

先代:
曹毓瑛
都察院漢左都御史
1865-1866
次代:
汪元方
先代:
曹毓瑛
兵部漢尚書
1866-1869
次代:
鄭敦謹
先代:
羅惇衍
戸部漢尚書
1869-1882
次代:
閻敬銘