葛西晴信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
 
葛西晴信
時代 戦国時代
生誕 天文3年(1534年
死没 慶長2年10月9日1597年11月18日
別名 信清[1]
諡号 長徳院殿智山宗彗禅定門
官位 左京大夫[1]
幕府 室町幕府
氏族 葛西氏
父母 父:葛西晴胤、母:黒川景氏の娘
養父:葛西親信
兄弟 女子(長江月鑑斎室)、親信晴信胤重
清高信秀
テンプレートを表示

葛西 晴信(かさい はるのぶ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての大名。第15代当主葛西晴胤の子[1]。第16代当主葛西親信の弟[注釈 1]養子。葛西氏の第17代当主。

略歴[編集]

伊達氏と手を結んで元亀2年(1571年)と天正元年(1573年)に大崎義隆と戦った[1]。外交的にも永禄12年(1569年)に上洛して時の天下人・織田信長に謁見して[1]所領を安堵されている。しかし大崎氏との抗争に明け暮れた晴信は、天正18年(1590年)の豊臣秀吉小田原征伐に参陣するつもりでいたが、数年来続く家臣らの反乱(浜田広綱など)が心配されたため当人が小田原に参陣できず、奥州仕置により改易された。

晴信の死には諸説があり詳しくわかっていない。一説には、改易後に諸国を流浪し、加賀で慶長2年(1597年)に64歳で死去したという説がある[1]。また、後世に作られた『葛西真記録』によれば、秀吉の奥州平定軍に対して徹底抗戦したが衆寡敵せず、寺池城もしくは佐沼城で戦死したとされる[1]が、豊臣氏側にその記録はない。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 阿部 & 西村 1990では親信の生年が天文16年(1547年)になるので、この場合は親信が弟となる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 阿部 & 西村 1990.

参考文献[編集]

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月、238頁。ISBN 4-404-01752-9