葛西親信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
 
葛西 親信
時代 戦国時代
生誕 永正10年(1513年)?[注釈 1]
死没 永禄3年4月11日1560年5月6日)?
別名 義重[1]
官位 従五位下石見[1]
氏族 葛西氏
父母 父:葛西晴胤[1]、母:江刺隆見の娘
兄弟 親信晴信胤重
養子:晴信[1]
テンプレートを表示

葛西 親信(かさい ちかのぶ)は、戦国時代大名葛西氏の第16代当主[1]。父は葛西晴胤。弟に葛西晴信がいる[1]。近年では「義重」が正しい名前だったとする説もある。生母は江刺氏

略歴[編集]

弘治元年(1555年)、晴胤の死で家督を相続し[注釈 2]大崎氏と抗争した。しかし病弱であったため[1]、永禄3年(1560年)[注釈 3]、家督を継いでわずか5年後に病死した[1]。年の離れた実弟・晴信が跡を継いだ。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『戦国人名事典』では親信の生年は天文16年(1547年[1]
  2. ^ 『戦国人名事典』では晴胤の死は天文20年(1551年[1]
  3. ^ 『戦国人名事典』では親信の死は永禄10年(1567年[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 阿部 & 西村 1990, p. 238.

参考文献[編集]

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9