葛西映子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葛西 映子(かさい えいこ、1970年4月22日 - )は、日本漫画家

千葉県で生まれ、中学時代から宮城県仙台市で育つ。和光大学人文学部芸術学科卒業。2004年、『しんぶん赤旗日曜版』連載『ドボン&ウズ・メメス』でデビュー。現在、2回目の連載中。夫と息子、3匹と暮らす。

略歴[編集]

2006年8月20日付け『しんぶん赤旗』の「本と人と」のコーナーでの本人談よれば、過去あまり作品は描かずに漫画家のアシスタントや広告のカット描きをしていた。

出産後に、大学時代の友人の紹介がきっかけで、『しんぶん赤旗』日曜版連載漫画に猫漫画の案を持ち込む。「猫好き編集長の英断 (?) 」により採用が決定し、2004年11月から『ドボン&ウズ・メメス』の連載が開始され、デビューとなった。

この無名の漫画家のデビュー作は人気を博し、読者から単行本化や連載継続(再開)を願う声が多数あがり、2005年12月の連載終了後、2006年7月に『ドボン&ウズ・メメス』の単行本が新日本出版社より刊行、2006年12月31日2007年1月7日合併号)よりしんぶん赤旗日曜版で『ドボン&ウズ・メメス』の2回目の連載が開始された。

また、ひうらさとるアシスタントをしていたことを、両者がウェブ上で公表している。

作品[編集]

人物[編集]

インタビュー等[編集]

  • しんぶん赤旗 2006年8月20日「本と人と」
  • しんぶん赤旗日曜版 2006年9月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]