落田洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
落田 洋子
(おちだ ようこ)
生誕 (1947-11-22) 1947年11月22日(71歳)
日本の旗 日本埼玉県浦和市
国籍 日本の旗 日本
教育 武蔵野美術短期大学商業デザイン科卒業
著名な実績 イラストレーション

落田 洋子(おちだ ようこ、1947年11月22日[1] - )は、日本画家

経歴・人物[編集]

埼玉県浦和市生まれ[2]。1968年、武蔵野美術短期大学商業デザイン科卒業[3][4]

広告企画の仕事を経て、1976年から油彩画を描き始める。1978年、六本木・青画廊で初個展[5]。1979年、銅版画を開始する[3]。個展やグループ展示会などで作品を発表している。作品は単行本や文庫本などで多く使われている。

1982年、『紅茶と海』でライプツィヒ国際図書デザイン展銅賞を受賞[3]

個展活動は銀座77ギャラリーを中心に展開している。

グループ展に「ポストコレクション展」(東京セントラル美術館)、「現代形象展」(ストライプハウス美術館)、「チバ・アートナウ'98」(佐倉市美術館)などがある[4]

画集[編集]

  • 風の祝祭(1981年12月 美術出版社)
  • ミルドレッドの左側(1994年11月 リブロポート)
  • アフタヌーン(1994年11月 新潮社)

絵本[編集]

  • ギリアスの実(1983年4月 白泉社)
  • 夜猫ホテル(1997年12月 パロル舎)※舟崎克彦

主な装画作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 落田洋子 - えほん・いんふぉ
  2. ^ hontoネットストア - アフタヌーン/落田 洋子 - 本
  3. ^ a b c 「寺山修司ワールド」 - Press
  4. ^ a b 落田 洋子 - OFFICE FUKUTOME
  5. ^ 『日本美術家事典 2003年度版』(構成執筆・藤森耕英、日本美術家事典社、2003年3月)