華西村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯31度49分58秒 東経120度25分32秒 / 北緯31.83285度 東経120.425477度 / 31.83285; 120.425477 (accident site)

中華人民共和国 江蘇省 華西村
空中華西村
空中華西村
簡体字 华西
繁体字 華西
拼音 huáxī
カタカナ転写 フアシー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
江蘇
無錫
行政級別
建置 1961年
面積
総面積 0.96 km²
人口
総人口(2010) 0.152 万人
経済
電話番号 0510
郵便番号 214400

華西村(かせい-そん)は中華人民共和国江蘇省無錫市江陰市華士鎮に位置する

歴史[編集]

華西村の前身は1961年に設置された華西大隊である。人民公社制度が廃止された際に華西村と改称された。

村の初代党委書記[1]である呉仁宝中国語版は、文化大革命時代に小さな秘密の工場を設けて自給自足の村運営を目指し、中国共産党政府が改革開放を行ってからは徹底的な集団化経営で成功して中国各地の農村のモデルとなった[2]。全ての村民に豪華な一戸建の住宅と高級車を無償支給して食費と教育費や医療費の無料化なども行い[3][4][5]2009年には中国世界紀録協会により天下第一村(中国で最も豊かな農村)として認定され、「世界一豊かな農村」とも呼ばれていた[6][7]

2011年には50周年を記念して村人が1人当たり1000万元(約1億円)を総工費に出費して借金を負わずに空中華西村英語版を建設した[8]。しかし、2013年に呉仁宝が死去してからは数百億元ともされる巨額の債務を抱えることとなった[9]

脚注[編集]

  1. ^ 日本の村長に相当する。日本のテレビ番組での紹介も「村長」表記が多い。
  2. ^ 中国で農村の模範だった「金持ち村」はなぜ凋落したのか”. ダイアモンド (2017年4月13日). 2019年9月15日閲覧。
  3. ^ 中国医療で何が起きているのか”. 日経BP (2012年8月10日). 2019年9月15日閲覧。
  4. ^ あんぐりバボーSP★潜入!世界の驚きスポット”. フジテレビ (2014年5月15日). 2019年9月15日閲覧。
  5. ^ 世界を驚愕させた“中国の超・金持ち村”の「その後の錬金術」”. クーリエ・ジャポン (2016年3月30日). 2019年9月15日閲覧。
  6. ^ Wade Shepard, Ghost Cities of China, Zed Books, London, 2015. 6.
  7. ^ Huaxi: A Journey to the World's Richest Village”. Vagabond Journey (2012年10月6日). 2019年9月15日閲覧。
  8. ^ 中国一裕福な村に高層ホテルオープン、高さ328メートル”. AFPBB (2011年10月11日). 2019年9月15日閲覧。
  9. ^ 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資”. 毎日新聞 (2019年9月15日). 2019年9月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]