菊地研

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菊地 研(きくち けん、1984年10月8日 - )は、日本バレエダンサー牧阿佐美バレヱ団所属のプリンシパル

人物・経歴[編集]

東京生まれ、10歳よりバレエを始める。石井清子バレエ研究所(東京都)、竹内ひとみバレエスクール(福島県)を経て、2001年牧阿佐美バレヱ団に入団。入団してまもなく、ローラン・プティにより「デューク・エリントン・バレエ」のソリストに抜擢され、16歳の躍動感あふれる踊りが話題を呼び注目を集める[1][2]。同年、ボリショイ・バレエ学校に短期留学。2003年「くるみ割り人形」王子役で主役デビュー。 2004年プティの指名で、ルシア・ラカッラ、ルイジ・ボニーノらと共に、パリ・リヨン・ボルドー・モスクワで上演された、ローラン・プティのガラ公演に、日本人でただ1人の最年少ダンサーとして参加を果たす[2][3]。現在は牧阿佐美バレヱ団のプリンシパルとして活躍している。父は絵本・造形作家の菊地清

レパートリー[編集]

牧阿佐美バレヱ団[編集]

新国立劇場バレエ団[編集]

  • 牧阿佐美振付『椿姫』(アルマン)ゲスト主演

受賞歴[編集]

  • 2002年:第15回こうべ全国洋舞コンクール男性ジュニアの部第1位
  • 2006年:第37回舞踊批評家協会新人賞

脚注[編集]

  1. ^ 祐成秀樹「師プティにささげる踊り」『読売新聞』2011年12月27日夕刊、第3版、第8面。
  2. ^ a b Fuji-tv ART NET:ダンサーって! 2011年12月18日閲覧。
  3. ^ <ローラン・プティ 創作の道を語る>のパリ郊外シュレーヌ公演 2004.04.10 チャコットwebマガジン:ワールドレポート-世界のダンス最前線 2011年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]