菅原隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菅原隆一
Ryuichi-Sugahara20100418.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県
生年月日 (1992-03-11) 1992年3月11日(25歳)
身長 161cm
体重 46kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・保田一隆(2010.3.1 - 2012.4.30)
美浦・フリー(2012.5.1[1] -)
初免許年 2010年
免許区分 平地・障害[2]
テンプレートを表示

菅原 隆一(すがはら りゅういち、1992年3月11日 - )は、美浦トレーニングセンター所属の騎手(フリー)。元俳優子役)。2010年3月6日に日本中央競馬会 (JRA) の騎手としてデビュー。

父は元JRA騎手で現調教助手菅原隆明。JRAでは初めての俳優出身の騎手となった[3]

略歴[編集]

幼少時は子役俳優として数多くのドラマ映画に出演。中でも映画『釣りバカ日誌』シリーズでは浜崎家の一人息子・鯉太郎役を演じたことがあるほか、『らせん』ではやはり主人公・安藤満男の息子・孝則を演じるなど、重要な役を数多く務めていた。

一方で小学5年生のときから乗馬を始めるなど、並行して騎手を目指す活動も行っていたが、中学1年生のときに父・隆明から「役者か騎手かどちらかにしろ」と選択を迫られたため、将来は騎手の道に進むことに決め、子役からは引退した[4]

競馬学校第26期生。2007年にJRAの競馬学校・騎手課程に合格し、2010年2月に卒業して騎手免許を取得した。過去の子役という経歴もあってデビュー時は注目を集めたが、所属厩舎の不振もあり、2010年中に初勝利を挙げられなかった。しかし2011年8月28日、札幌競馬第2競走に田島良保厩舎管理馬のメジロマリシテンに騎乗し、デビューから208戦目で初勝利をあげた[5]。減量特典が消滅してからは騎乗数が減少しているものの、「トーセン」の冠名で知られる島川隆哉の所有馬での騎乗が増えており、重賞初騎乗も島川の所有馬で果たしている。

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2010年3月6日 2回中山3日8R 4歳上500万下 ホクセツポイント 16頭 11 10着
初勝利 2011年8月28日 1回札幌6日2R 3歳未勝利 メジロマリシテン 13頭 3 1着
重賞初騎乗 2015年5月2日 2回東京3日11R 青葉賞 トーセンアーネスト 18頭 17 13着
年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率
2010年 0 3 2 116 .000 .026 .043
2011年 3 1 2 139 .022 .029 .043
2012年 0 3 8 148 .000 .020 .074
2013年 1 0 2 59 .017 .017 .051
2014年 2 0 2 68 .029 .029 .059
2015年 2 4 4 87 .023 .069 .115
中央 8 11 20 617 .013 .031 .063
地方 0 0 0 2 .000 .000

(2015年12月29日現在 JRA騎手名鑑より)

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 菅原隆一騎手、フリーに netkeiba.com 2012年5月5日閲覧
  2. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月7日閲覧。
  3. ^ ただしNARを含めると達城龍次の事例がある。
  4. ^ 釣りバカ鯉太郎が3月JRA騎手デビュー 日刊スポーツ 2010年2月10日閲覧
  5. ^ 釣りバカ“鯉太郎”菅原騎手が初勝利 日刊スポーツ 2011年8月29日閲覧

外部リンク[編集]