荒井政大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒井 政大(あらい まさひろ)
生誕  
居住 愛知県名古屋市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 航空宇宙工学、機械工学
研究機関 名古屋大学
出身校 東京工業大学(学士・修士・博士)
プロジェクト:人物伝

荒井政大(あらい まさひろ、1967年 - )は、名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻教授。専門は、航空宇宙工学機械工学材料力学構造力学複合材料。特に、航空宇宙用構造材料・ナノカーボン系複合材料の開発と特性評価、境界要素法・有限要素法による構造解析・波動伝播解析・最適設計、超音波援用による非破壊検査・逆問題解析、ガラスレンズのモールド成形解析、機械材料・構造材料の熱粘弾性評価など[1]

学歴[編集]

職歴・研究歴[編集]

著書[編集]

  • 『図解 はじめての材料力学』 講談社 2012[3]
  • 『機械工学便覧 α6 計算力学』日本機械学会 丸善 分担執筆 2009[4]
  • 『ガラスの加工技術と製品応用』情報機構 分担執筆 2007[5]
  • 『新版 複合材料・技術総覧』(株)産業技術サービスセンター, 分担執筆 2011

参考[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名古屋大学航空宇宙工学専攻構造力学研究グループ”. 2015年7月6日閲覧。
  2. ^ 名古屋大学工学研究科航空宇宙工学専攻 荒井政大ホームページ”. 2015年6月25日閲覧。
  3. ^ 図解 はじめての材料力学 講談社”. 2015年6月25日閲覧。
  4. ^ 機械工学便覧 α6 計算力学 (日本機械学会編) 丸善”. 2015年6月25日閲覧。
  5. ^ ガラス加工技術 書籍 (情報機構)”. 2015年6月25日閲覧。