茶巾縛り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

茶巾ズシ[1][2](茶巾ずし[3]、茶巾すし[4])は、スカートを捲り上げて裾を縛る遊び、あるいは悪ふざけ、いじめ方。茶巾絞り(ちゃきんしぼり)とも呼ばれる[5]

概要[編集]

捲りあげたスカートを持ち上げて頭で縛り[2][1]、上半身(手・腕)の自由を奪い、視覚確認のままならない状態で身体的危害をくわえる[5]。または、自力では解けない状況にして放置し、辱める目的で行われていた。1980年代は、一般の女子生徒の制服スカート丈も膝が隠れるミドル丈もしくは、ふくらはぎ上部がやや隠れる長さが主流であったため、容易にこの行為が可能であった。スカート丈を足首程度まで長くしている所謂ツッパリ、不良少女たちの悪ふざけやいじめ行為が発端であったが、徐々に一般生徒同士のいじめ行為にも広がった[要出典]

変遷[編集]

複数人で対象者一人のスカートを持ち上げる行為もあった。いずれにしても対象一人で抗える状態ではない。下半身が露出しスカートの中が丸見えで無防備になり下着(ショーツ)が丸出しになってしまう。当時はスカートの下にブルマーを着用する者はいたが、現在多く見られるミニスカートのしたに着用するショートパンツは無かった。また、辱めることを目的とした悪意から、体育の授業前後の着替えの時間を狙って悪行をはたらく者も見受けられた[要出典]。 男子生徒の学生服を捲り上げる類のいじめも散見された。

脚注[編集]

  1. ^ a b 長野県教育委員会 (1987年1月31日). “指導資料No.35 優しくすこやかな生き方を求めて —女子の問題行動を考える—”. 2007年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月14日閲覧。
  2. ^ a b 山崎森 『いじめの構図』 ぎょうせい、1985年、157頁https://books.google.com/books?id=3otOAAAAMAAJ&q=%22%茶巾%22+%22スカート%22 
  3. ^ 竹江孝「心理臨床から見た「いじめ」」『犯罪社会学研究』第21号、1996年、 41頁。
  4. ^ 詫摩武俊 『いじめ: のりこえるにはどうするか』 サイエンス社、1995年、171頁https://books.google.com/books?id=dSUzAAAAMAAJ&q=%22茶巾%22+%22いじめ%22 
  5. ^ a b 内藤朝雄 (2019年11月18日). “日本の学校は地獄か…神戸「教員いじめ事件」の残酷すぎる支配構造”. 現代ビジネス. 講談社. 2020年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月14日閲覧。

関連項目[編集]